title
thumb

菊川みつ葉ちゃんにインタビューしてみた!①「喘ぎ声を聞かれるのが恥ずかしいです」

桜がそろそろ舞い始めそうな春の予感がひしめくこのごろ。
花をダシに酒をかっくらいたい広報です!

 

今回は久々に、SODstarから大型新人さんがデビューするということで!
いつもはお会いしてから初めて名前を聞くという不始末なんですが、今回は奇跡的に名前を教えて頂いてたのでかなりワクテカしてたところ・・・マジもんに可愛い方がやってまいりました!

その名も!
菊川みつ葉ちゃんです(❁´ω`❁)✲゚

なんだこれ・・・レベル高すぎやろ・・・=͟͟͞͞( •̀д•́)))=͟͟͞͞( •̀д•́)))
いるところにはいるんだなぁ・・・美少女・・・( ^q^ )

ちなみに、デビュー作ですとかなり儚い感じで撮影されてますが、

どちらかというと不思議なオーラを持つ系の女の子で、ハスキーな声も可愛らしいかったです♪

 

ということできっと読みたいと思いますので、ちゃっちゃっとインタビューの方に行ってみたいと思います!
全2回に分けてお送りしますよ~!

 

目次

  • 自分の顔に自信があったからAV業界来ました!
  • 喘ぎ声を聞かれると恥ずかしいんです
  • 2作目はちゃんと3Pしてます&3作目はソープ嬢に挑戦!
  • 編集後記

 

自分の顔に自信があったからAV業界来ました!

広報:本日はよろしくお願いしま~す!

みつ葉ちゃん:おねがいしますー。

広報:なんか今日、めっちゃラフですね、笑。
ちょっと下見てもいいですか?
(なぜか覗き込むw)
スカートですか?

みつ葉ちゃん:いや、ショーパン履いてます。

広報:ショーパンですか。
いいですね~!
ショートパンツって10代の女の子の専売特許って感じします、笑。
それでは早速、自己紹介お願いします!

みつ葉ちゃん:3月にSODstarからデビューする菊川みつ葉です。
1997年11月25日生まれで、19歳で、3サイズが94/61/93?で、趣味が料理で、特異料理が油淋鶏です!

広報:凄い!
ちゃんと自己紹介してるうれしい。←
じゃあまず、油淋鶏は後で(2回目に登場します)聞くとして・・・笑。

みつ葉ちゃん:笑。

広報:まずはこのAVの世界に入ってきたきっかけを教えていただけますか?

みつ葉ちゃん:えーと、自分の顔に自信があったから!

広報:笑。

みつ葉ちゃん:アイドルとかなりたかったんですけど、なんか、応募とかよく分からなくて・・・やり方とか。
この業界に偏見もなかったし、知り合いにスカウトがいたからその人にやりたいってお願いして、入りました。

広報:へぇ~。
スカウトの人が紹介したのがまさかのAV業界だった、みたいな感じでは無いんですね?

みつ葉ちゃん:私がやりたいって言いました。

広報:へぇ~。
・・・この業界ってふつう偏見無いですか、笑?

みつ葉ちゃん:いや、特に。

広報:無し、ですか?

みつ葉ちゃん:はい。
可愛い人がいっぱいいるなって感じでした。

広報:この辺は、セクシー女優がたくさん出る深夜番組のおかげなんでしょうかね~。

みつ葉ちゃん:だと思います。

広報:ということは、普段AVとか見たりするんですか?

みつ葉ちゃん:ほぼまったく見ないです。

広報:あらw
とっても可愛いんで、自分で進んで応募する前に、お母さんとかが勝手に応募しちゃった、とかありそうなんですけど。

みつ葉ちゃん:お母さんに「今日可愛いって言われた~」って言っても「いや普通でしょ」って。

広報:笑。

みつ葉ちゃん:お母さんはそんなに、笑。

広報:お母さんもうちょっと気付いて、笑!
デビューしてAV女優になったわかけですが、前と今とで変わったことってありますか?

みつ葉ちゃん:ん~~。
変わったこと、ですか?

広報:周りが対応が変わったとか、自分の心持ちが変わったとか・・・。

みつ葉ちゃん:・・・まったく。

広報:全く!?
それもまた珍しいですね。
いろいろ反対もあったけど友達が応援してくれて凄く励みになった、とかもよく聞きますが・・・。

みつ葉ちゃん:友達がまず二人しかいないから・・・。
でも二人とも応援してくれるから。

広報:あ、言いはしたんですね?

みつ葉ちゃん:私、隠し事できないから、誰にも全部言うんです。
だから、なにも変わらないかな。

 

喘ぎ声を聞かれると恥ずかしいんです

広報:初めての作品はもう撮ってるんですよね?

みつ葉ちゃん:はい!

広報:じゃあ最初の作品の見所的なのとか教えてください!!

みつ葉ちゃん:見所!
見所・・・。

広報:カメラの前で初めてエッチを披露する、という大イベントですから・・・。
どうでしたか?

みつ葉ちゃん:喘ぎ声聞かれるのが恥ずかしかった!

広報:ええっ、笑?

みつ葉ちゃん:喘いでるのが。
喘ぎ声聞かれるのが恥ずかしいなって思いました。

広報:SEXしてるのを撮影されるって事よりもですか?

みつ葉ちゃん:そう。

広報:なぜまた喘ぎ声が・・・?

みつ葉ちゃん:えっ、普段出さないじゃないですか。

広報:まあ違うところから出ちゃいますよね。
自分の地声じゃない声っていうか。

みつ葉ちゃん:あ~そうそう。

広報:それ以外の恥ずかしいことは特になく?

みつ葉ちゃん:んん~。
裸見せるのとか、特に別に恥ずかしくないので。

広報:ええ~っ!
どうやって生きてきたんだろう・・・笑。

みつ葉ちゃん:笑。

広報:じゃあ見所は喘ぎ声に恥ずかしがっているところ?

みつ葉ちゃん:ん~。
あとは、3Pの時に一人の男優さんが、ほぼずっと立ち待ちで。

広報:えっ、笑?

みつ葉ちゃん:初めから3Pだったけど、全然3Pっぽくなくて。
2.5Pくらいだった。

広報:そんなことってあるんだ・・・笑。
凄いぶっちゃけですね、笑。

 

2作目はちゃんと3Pしてます&3作目はソープ嬢に挑戦!

広報:3作目までは書いて良いというお墨付きを頂いたんで・・・。
2作目も聞いてもいいですか?
どういう感じの作品になりました?

みつ葉ちゃん:2作目はいろいろな責めをしてもらって絶頂をする、というヤツです。
1人目の絡みの時に、監督がこうふうに想像してやってねって言ってきたから、めっちゃプレッシャーで、全然集中できなくて楽しくなくて。

広報:笑。

みつ葉ちゃん:それで2つ目の絡みの時は、めっちゃ舐められるみたいなやつだったんですよ。
それでクリトリス強く舐められるの凄く嫌い!って監督に言ってたのに、(実際は男優さんに)言ってくれなかったからやってきて。
で、蹴ってたのにやめてくれないから、アイマスクしてたのを外して「マジでヤなんだけど!」って泣きながら言ったら、それ使いたいからちょっと言い換えてって・・・笑。

広報:最初の想定のストーリーからちょっと外れてたけど、良いショットなのでそれをうまく1の物語に絡めたって感じなんですね?

みつ葉ちゃん:そうそう。

広報:へぇ~。

みつ葉ちゃん:で、3つ目(の絡み)がまた3Pで、その時は楽しかった!

広報:あっ、ちゃんと2作目は3Pだったんですね?

みつ葉ちゃん:ちゃんと3Pだった!

一同:笑。

広報:ちゃんと3P、笑。
その3つだと、その3Pが一番楽しい?

みつ葉ちゃん:そうですね!

広報:3P楽しいって相当ですよね、笑?
しかも3Pネタばっかだなんですけど大丈夫ですか、笑?

一同:笑。

広報:えっ、まさか3作目も3Pかしら、笑?
じゃあ、3作目もこの流れで聞いちゃましょう、笑!

みつ葉ちゃん:3作目は・・・えっとなんだろう。
超高級ソープ嬢、みたいなやつ。
で、主観だったんですよ。

広報:へぇ~3作目ですでにソープ行くか~。

みつ葉ちゃん:でも男優さんの顔・・・目、何回か見ちゃって、何回か止められて。

広報:ん?
どういうことですか?

みつ葉ちゃん:主観のDVDのやつなので、カメラ見なきゃいけないんですけど、男優さんの方見ちゃったんです。

広報:あ~そうかそうか。
難しいもんなんですね~主観って。
演じている方の大変さを垣間見た気がします。

 

編集後記

はい。
超まじめ~に進行しておりますw

デビューしたてのみつ葉ちゃんなのに、もう3P3P言ってるなんて、相当ツワモノですよね(๑´罒`๑)
先が楽しみな女優さんです!

 

さて、菊川みつ葉ちゃんは、twitterをバッシバシ更新しておりますが、これがまた可愛いのなんの!

まだ、フォローしてないよーという方!!
ぜひぜひフォローしてくださいね~!

 

気になる次回は、油淋鶏に触れていく方向で、3月30日ごろに更新したいと思いま~す!
→ということで、公開されました!

みーてねー!

The following two tabs change content below.
ゼスト広報
アキバ系エンタメショップ・ゼストのイベント情報をアップする広報の中の人です!
セクシー女優さんをお招きしたイベントや、ゼスト各店で開催するオトクなイベント情報、営業時間のご案内など、ゼストグループ全体のお知らせ情報を発信していきます。
その他、たまーにセクシー女優さんのインタビューもしてますので、大きなお友達はぜひチェックしてください☆

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ