thumb

小倉由菜ちゃんにインタビューしてみた!①「一つの作品がこうやって出来るんだって…体験出来て嬉しかったです♪」

あれ?なんか久々に更新したら寒くね???お湯割りじゃね???
というわけで、暖かい酒が恋しいゼスト広報です。
こんばんわ!

今回も、心をポカポカにしてくれる、中々にビッグな可愛らしい女の子がいらっしゃいましたよ~°?☆?(???)?☆?°!!!

ででーん!!!

小倉由菜ちゃんです!!!

ピッチピチの19歳・・・くーたまらん!←
小倉由菜ちゃんは、2017年12月7日に、SODstarさんから「小倉由菜 AV Debut」でデビューする大型新人さんで、天真爛漫な笑顔がとても可愛い女優さんです。

DMM商品ページなどにある、作品内容写真が照れちゃううらい可愛いですよね!

 

というわけで、今回は、即決デビューの模様や、初めての作品を撮ってどうだったか、なんてことを中心に聞いていきたいと思っております!
2回連載ですよ~!!!
(2回目は「小倉由菜ちゃんにインタビューしてみた!②」からお願いしますね!)

ほっこりお読みください~!

 

目次

  • オメメぱっちりの可愛らしいおぐゆなちゃん登場!まずは自己紹介☆彡
  • メーカー回りしたら・・・SODさんが【即決】でした♪
  • 作品がこうやって出来るんだって・・・体験が嬉しかった!
  • オープン過ぎる家庭なので、初めておっぱいが大きくなった時もお父さんにすぐ報告しました☆
  • ゆくゆくはオナニーで潮が吹けるようになりたい!
  • 編集後記

 

オメメぱっちりの可愛らしいおぐゆなちゃん登場!まずは自己紹介☆彡

―広報:はい!
本日は、どうぞよろしくお願いします~!!

おぐゆなちゃん:よろしくお願いします♪

―広報:いや~目ぇでっけ~笑!!!

おぐゆなちゃん:笑。

―広報:突然ですが、パッケージの裏面を見させてもらった時に、笑った顔がちょっとハシカンっぽいなーって思ったんですよね。

おぐゆなちゃん:ええ~っ笑!?

―広報:なんですかね。
ちょっと斜め向いて、下向きで、ニコッって笑ったりすると、すごいハシカンぽいな~って、笑。

おぐゆなちゃん:いやいやいや!環奈さんに申し訳ないですそんな・・・笑。
似てねーよ!って言われちゃいますよ、笑。

―広報:いやいやいや!
それくらい可愛いってことで、笑。
それじゃあすみません、前後しましたが、自己紹介をお願いしても良いでしょうか!

おぐゆなちゃん:はい!
来月12月にSODstarからデビューします、小倉由菜と申します!!!
19歳で、これから、まだ何も分からないですけど、一生懸命頑張りたいと思うのでよろしくお願いします!

―広報:お願いします~!

 

メーカー回りしたら・・・SODさんが【即決】でした♪

―広報:何故こんな可愛らしいお嬢様が・・・!と思ってしまったのですが、この業界に来た経緯を教えてください。

おぐゆなちゃん:そうですね~。
なんか・・・高校生くらいの時に、Twitterとかインスタとかで、女優さんが写真とかアップしているのを見たりとかして、それがすごく可愛いな~って思ってて。
最初モデルさんかなって思ってたんですよ、紗倉まなさんの写真を見て。
誰かが可愛すぎるって言って乗っけてたのを見て、モデルさんかな?って思って調べたらAV女優さんって事が分かって。
で、今こういう仕事もあるんだなーっていう風に思って・・・。
そこから結構サンプルの動画とかあるじゃないですか。
ああいうのをちょっと見て、なんかエッチな目線っていうよりは綺麗だな~って思って、憧れみたいな感じで見てて。
でも自分がなれるって風に思ってなかったし。
こう・・・やっぱり経験も少なかったし、人に見せたこともないから。

―広報:普通見せないですからね、笑。

おぐゆなちゃん:笑。
だからなんか、こうやってお仕事にするとは自分でも思ってなかったんですけど。
今専門学校に通ってるんですけど、なんかまあ、学校行って勉強してるけど、なんかやっぱりこのお仕事って今しか出来ない事じゃないですか。
それで、やっぱ今しか出来ない事だってっていう風に思ってたんですけど、偶然知り合いの知り合いの人が、AVの事務所紹介出来るよって言われて。

―広報:なんと、笑!

おぐゆなちゃん:興味無い?ってすごい言われて。
一度ちょっと・・・興味はあるんですけど、自分じゃなれないと思いますって話はしたんですけど。
今の事務所を紹介して頂いて。
で、こう・・・メーカー回りっていうのをするんですよ。
専属になりたいなっていう会社をこう、回らせて頂いて面接するんですけど、その時にSODさんに行って面接したら、「専属」っていう風にお話を頂いて。
それですごく良い形でデビューできる(ことになりました)・・・私なんかが。
そういう形でデビュー出来るんだ!って思って。
じゃあ頑張ろうっていう風に思って、今に至りました☆

―広報:やっぱり面接の時に、「あ、こりゃstarだな!」ってなったんですね・・・!
なんか、どっかに書いてあったんですけど、笑。

一同:笑。

―SODスタッフさん:面接の時、私も同席してたんですけど。

―広報:お、そうなんですか!?
どうでした???

―SODスタッフさん:即決でした!!!!!

一同:笑。

―広報:即決ですか!
いや即決ですよね、笑。

―SODスタッフさん:即決です!!

―広報:もう~超可愛らしいですもんね!!!

おぐゆなちゃん:いえいえいえいえ・・・ホントに・・・。

―広報:あと、SODstarさんの専属になりそうな感じありますよね、やっぱり。
なんか清純派な感じもありつつ・・・でもきっと内面は、むふふふ・・・みたいな、笑。

一同:笑。

おぐゆなちゃん:そうですね。
(面接の際は)結構自分のエッチな話とかも結構赤裸々にお話して、本当に素の状態で話したので、笑。

―広報:笑。
どこまで話したのやら・・・笑。

―SODスタッフさん:根掘り葉掘り~笑。

おぐゆなちゃん:はい~☆
だからかえって、かしこまらないでお話出来たのが良かったのかなって。
今思うと。

 

作品がこうやって出来るんだって・・・体験が嬉しかった!

―広報:女優として一歩を踏み出したわけですけど、まずは初めての作品の方に関して聞いてみようかな、と思います。
初めてなので思い出がいっぱいだと思うんですけど、一番印象的だったコトを教えてください。

おぐゆなちゃん:そうですね~笑。
まあ全部が新鮮だったんですけど・・・う~ん。
どうやって撮影するのかな?っていうのは本当に、実際現場に行ってみないとわかんなくて。

―広報:確かにその通りですよね。
聞いてはいるけど実際は・・・ってよく聞きます。

おぐゆなちゃん:そうです!
すごい、意外と綺麗なスタジオで、しかもめっちゃ明るくてびっくりしちゃって。
照明がばーって!!

―広報:初めての作品って照明ガンガンに当てて、清らかな感じで撮るイメージなんですけど、予想以上にって事ですよね?

おぐゆなちゃん:そうです!
結構プライベートでそんな明るいところで(エッチ)する事って無くないですか?

―広報:確かに!!
無いです無いです、笑。

おぐゆなちゃん:それもびっくりしたし、こうやっぱり、男優さんと一緒に監督さんと打ち合わせをする時、結構真面目にこう、いろんな話をされてて。
次はこういう体位で・・・こういう体位をして、みたいな。
「あっ!こういう風に打ち合わせするんだな」っていうのも思ったし、男優さんがすごいプロなので、上手っていうかやっぱり。
私自身よりも私の体の事を分かってるんじゃないかな?ってくらいな感じで。

―広報:どこを突けば気持ち良いか、ポイント分かってる!みたいな、笑。

おぐゆなちゃん:はい~。
それもすごいびっくりした!
緊張してたんですけど、始まったら結構もう、気持ち良くて、笑。
そっちに集中しちゃって、結構カメラ意識しないで夢中になって出来たから、それはすごい男優さんのおかげだなってすごい思うし。
シャワーとかする時も、セペって・・・あの、ジャーって。
おまたの中に入れてジャーって洗浄するんですけど、そういうのも新鮮だったし、笑。
(※セペは、デリケートゾーンを精製水で洗浄して臭いの元を中から洗い流す商品です。『プチシャワー・セペ』という名前ですね。)

―広報:笑。

おぐゆなちゃん:笑。
結構、初めての撮影は本当に驚きの連続って言うか、そういう感じでした!!

―広報:では、その中で一番楽しかった・嬉しかった事ってなんですか?

おぐゆなちゃん:楽しかった・嬉しかった事ですか?
でもなんか皆さんが、私大丈夫かなって不安だったんですけど、すごい大丈夫だよ!って言ってくださったり、もう何から何までお世話をしてくださるんですよ~!
それがすごい嬉しかったし、なんかもう申し訳無いなってくらいだし・・・。
あとこう・・・なんですかね。
一つの作品がこうやって出来るんだなっていうのを身をもって体験出来たので、それが嬉しかったですね。

―広報:作品作りに携わってるぞ!っていう感動みたいなのが?

おぐゆなちゃん:はい!!

―広報:受け答えが超真面目だなぁ~笑。
確かに、作品作りに関わるって、自分のモチベーションもすごい高まりますよね!
じゃあ逆に、難しかったことってありますか?
これちょっと大変だったなー、みたいな。

おぐゆなちゃん:結構薄着なんですよ。
撮ったのが10月とかだったんで、ちょっと肌寒い・・・笑。

―広報:微妙に寒い時期ですね、笑。

おぐゆなちゃん:はい。
で、しかも!
ウィーンって風を当てられる事があって。
それが結構冷たい風で、笑。

―広報:さーむーいー泣!

おぐゆなちゃん:寒いな~って思いながらニコニコするのが大変・・・笑!

―広報:鳥肌とか大丈夫でした?

おぐゆなちゃん:多分立ってたと思いますけど、そこは写真でこう・・・キレイに、笑☆

―広報:あっ、フォトショでよいしょ!みたいな、笑。

おぐゆなちゃん:やって頂いて、笑。

―広報:鳥肌立たないように撮影するって大変ですもんね。

おぐゆなちゃん:カイロとかを貼ってくださったりとか、すぐローブをかけてくださったりとかしてもらったんですけど、笑。
(大変だったのは)これですかね、やっぱり。

―広報:物理的に寒いっていうのは大変ですよね・・・。

おぐゆなちゃん:寒がりなので、結構。

―広報:暑いのは大丈夫なんですか?

おぐゆなちゃん:暑いのは全然大丈夫です!

―広報:ホントですか?!?!

おぐゆなちゃん:はい~!

―広報:汗とかも全然かかないわ、うふふ、みたいな感じですか、笑?

おぐゆなちゃん:うん。
あんまり顔にかかないんですよ、汗を。

―広報:最高ですね!!
それ大事、笑。

おぐゆなちゃん:笑。
そうなんです。
だから熱い方が絶対、なんか洋服とかも軽いじゃないですか。
脱ぎ着しやすいし。
夏の方が全然良いですね!
だから、これからの季節がヤです・・・ほんとに、笑。

 

オープン過ぎる家庭なので、初めておっぱいが大きくなった時もお父さんにすぐ報告しました☆

―広報:ちょっとエロ方面に行っちゃいましょう!
性の目覚めはいつぐらいなんですか?

おぐゆなちゃん:うーん・・・。
なんか結構、うちの家庭が結構オープンな家庭だったので、笑。

―広報:んん?
どういうことでしょう、笑?

おぐゆなちゃん:ちっちゃい頃から、お父さんが結構おっぱいがでっかい女の人が好きだったんですよね。

―広報:Oh・・・笑。

おぐゆなちゃん:テレビとか見てても、おっぱいが大きい人とかいるじゃないですか。

―広報:はい。
・・・えっ、叶姉妹ですか、笑?

おぐゆなちゃん:そう叶姉妹!・・・じゃなくて、笑!
小池栄子さんとか深田恭子さんとか、笑。

―広報:ノリツッコミありがとうございます、笑。

おぐゆなちゃん:で、なんか小池栄子さんが、「から揚げをすごい食べて胸がでかくなった」っていうのを言った時に、お前も食べろ!とか。
ヨーグルトとか牛乳とか、豆乳とかが良いから乳製品取れとか言われてたりとか、笑。
あと一緒にコンビニ行っても、エロ本コーナーで立ち読みしながら私がお菓子とか選んでるの待ってたりとか。

―広報:うーんお父さん・・・笑!

おぐゆなちゃん:なんかすごい、グラビアの写真集とかも結構ボンって置いてある感じで、リビングとかに。
なんこう、男の人って女の人の体好きなんだなーってのはちっちゃい頃からなんとなく分かってて、笑。

―広報:そういう下地があったから、そういう意味だとエッチなことに対して抵抗は薄めというか?

おぐゆなちゃん:そうですね~。
なんかホント初めておっぱいが大きくなった時もお父さんにすぐ報告して。

―SODスタッフさん:笑。

―広報:えっ?

おぐゆなちゃん:おっぱい出てきました!って、笑。

一同:笑。

おぐゆなちゃん:一緒にブラジャー買いに行ったりとかしたり、笑。

―広報:えっ、お、お父さんと、笑!?

おぐゆなちゃん:お父さんと、笑。

―広報:ホントですか、笑?

―SODスタッフさん:めずらしいね~!

―広報:お父さんとブラ買わないよぉ~笑!

おぐゆなちゃん:そう、行ったりとか!
あっ、でも小学校の高学年くらいの時に、お父さんの部屋でパソコン使おうと思って。
行って、引き出しを開けてみたらすっごい重たくて。
中見たらエロ本がザーって入ってて、笑。

―広報:笑。

おぐゆなちゃん:それがすごい・・・なんていうかAVの作品紹介?っていうか、写真とかがもろ絡みっていうかで。
なんか気持ち良いんだろうな~って思ったけど、その時はセックスとか知らなかったから、なんかいけないもの見ちゃったなって思ったんですけど。
でもなんかエッチな事してるっていうのは分かってて。
それくらいからですかね。
こう、ちょっとずつそっちに興味が出てきて、中学生くらいになると大体みんな分かってくるじゃないですか?
男子とかが、「男のあれを女の中入れるんだぜ~」みたいな話を聞いて。
まさか!なにそれ痛いでしょ!って思ったんですけど。
まあだんだんそれで、「あ。小学生の時に見たあれはセックスだったんだ。」みたいに思って。
いつかしてみたいな~みたいな、笑。
なので中学生くらいですかね。
セックスがなんなのかっていうのが分かって、興味が出たのは。

―広報:ほ~!
実際に自分で触ってみたり、快感を得る、みたいなコトをしたのってどのくらいなんですか?

おぐゆなちゃん:初体験終わった後くらいですね~。

―広報:彼氏さんとエッチした後?

おぐゆなちゃん:はい。

―広報:へぇ~。
それまで全然?

おぐゆなちゃん:まあなんか、いじくったりとかしてたんでしょうけど、それがなんか、オナニーっていう概念は持ってなかったんで。
なんかの拍子で、なんか、サってこう・・・笑。

―広報:当たっちゃった!みたいな?

おぐゆなちゃん:気持ち良い!?、みたいなのはあったけど、ちゃんと自分でしたのはホントに初体験終わった後ですね。

―広報:・・・逆にその初体験ってどうだったんですか?

おぐゆなちゃん:なんか、高校三年生の時だったんですけど。

―広報:えっ!
意外と遅め?

おぐゆなちゃん:友達とかもう結構してる子も多くて。

―広報:そうですよね!

おぐゆなちゃん:だからなんか痛いとかいう話・・・血が出るとか聞いてて、そうなのかーって思ってたんですけど。
彼氏さんとしたんですけど、全然痛くも無く、血も出なくて。
でも、気持ちいいとも感じなくて、あっけなく終わっちゃったっていう・・・。

―広報:マジか・・・笑。
実はちっちゃかった・・・とか、笑?

おぐゆなちゃん:えええ、そうなのかなぁ~笑?
ちっちゃくもないし大きくもない・・・かな、笑。
(当時は)ダンス部だったんですよ。
だから結構、運動してると処女膜みたいなの無いって。
なんか開脚とかしたら破れちゃったのかなーって、笑。
(その所為か、初体験は)痛みは全然感じなかったんですよね。

―広報:初体験痛いのは、ちょっと嫌ですよね~。

おぐゆなちゃん:うん~。

―広報:それで気持ち良さに満足出来なかったので、ちょっと触ってみた!、みたいな感じ?

おぐゆなちゃん:そうです!
それでなんか、自分の性癖っていうか、自分がしたエッチを思い出してしたんですよ、一人で。

―広報:脳内再生タイプのオナニーをしちゃうんですね。

おぐゆなちゃん:はい。
自分の視界?とかを思い出してしちゃうんですよ♪
だから、やっぱり初エッチとかが終わった後とか、それを思い出してしちゃったりとかして。

―広報:こう、本とかDVDの動画とかじゃない?

おぐゆなちゃん:じゃない!

―広報:自分の記憶一筋?

おぐゆなちゃん:はい~。
逆になんか、エッチな漫画とかは、おお~!って思いながら見るぐらいで、笑。
それでムラムラしちゃったりとかあんま無いし。
AVとかもどっちかっていうと、可愛いとか綺麗とかこういう事するんだ、みたいな。
激しい(って思う)とか、笑。
で見てるから、結構そこからムラムラするっていうのはあんまり・・・無いかなーって。

―広報:なるほど~。
そういう風に考えられるからこそ、お仕事にすんなり行けちゃったって面もあるのかもしれないですね。

おぐゆなちゃん:かもしれないです!

―広報:DVDとか見て、それを実践してみようとか思わなかったんですか?

おぐゆなちゃん:えー、でもなんか、笑。

―広報:せっかく相手がいるし!みたいな、笑。

おぐゆなちゃん:やっぱりなんか、技が必要なのかって(今改めて)思って、笑。
実際撮影とかをしてみて、男優さんってすごい色んなこと考えてやってるから、やっぱり一般の男性とかって自分が気持ち良くなりたいって気持ちが大きいかなって。

―広報:・・・それは痛いところを・・・笑。

おぐゆなちゃん:そこが根本的に違うかな~って最近思ってます。
なんか、AVと普通のエッチは別物だな~っていう風に感じます、最近は。

―広報:なんか、SEXを仕事にしたからこその重みが・・・笑。

おぐゆなちゃん:笑。

 

ゆくゆくはオナニーで潮が吹けるようになりたい!

―広報:一番感じてしまうスポットとかってありますか?

おぐゆなちゃん:あ、でも奥・・・手前より奥のほうが気持ちいです、笑!

―広報:膣奥ですか???

おぐゆなちゃん:はい、笑。

―広報:マジですか!
ゴツいなぁ~笑!

おぐゆなちゃん:笑。

―広報:普通クリトリスとか・・・笑。

おぐゆなちゃん:どっちも気持ちいいです。
外も中も。
でもなんか奥突かれた方が気持ちいかなって、最近。

―SODスタッフさん:素質がある~!!!

―広報:素質アリアリですね~!!

―SODスタッフさん:ほんとに!
うん。大事ですよ!
とっても大事です、笑。

おぐゆなちゃん:笑。
でもなんか体位とかも、なんかバックが一番気持ち良いなぁって。

―広報:奥を突きやすい体位ですもんね。

おぐゆなちゃん:男優さんと監督さんが初めて撮った時にも、「(おぐゆなちゃんの感じ方は)なんかどうでしたか」、って。
この子どんな感じですかって聞かれた時に、やっぱり男優さんも「奥の方が感じてたみたいです」って言ってたよって監督さんから言われたんで。
やっぱりそうなんだな~って、笑。

―広報:男優さんも、笑。
ちなみに開発してみたい部位とかってありますか?

おぐゆなちゃん:あ~そうですね・・・。
こないだ、初めてハメ潮をして。
なんですかね?
Gスポットなんですかね??
当たり所が・・・そこら辺・・・??

―広報:つまり、Gスポット開発・・・笑?

おぐゆなちゃん:もっと吹けるように、笑!

―広報:自在に潮を!
カッコ良すぎぃ~笑!!!

おぐゆなちゃん:そうですね!
初めて自分って潮吹けるんだ~って思って♪

―広報:確かに!
自力で潮を吹くのは難しいですよね。

おぐゆなちゃん:そうですね。
ゆくゆくはオナニーとかして吹けるようになりたいなって、笑!

―広報:うぉ~笑。
かっちょい~笑!

―SODスタッフさん:素晴らしい!

おぐゆなちゃん:笑。
がんばります♪

 

編集後記

はい!
清楚なルックスからは想像できない、エロポテンシャルの高さでした~(´∀`*)
潮吹きは、いつか見せてくれる日が来ると思うので、楽しみに待ちましょう~!

そして!
もちろん今回も、ゼスト本社名物?のケーキを食べていただきました♪

くはー!可愛い!!!
おぢさんメロメロです(´艸`)
ちなみにどういうものを食べたかというと・・・。

ーインタビューの合間から抜粋ー

―広報:(実はインタビュー中にケーキが来たw!)あっ、ちょっと中座してケーキどうぞ!
好きなのを選んでください!

おぐゆなちゃん:ありがとうございます!
すごい~!!!
えっ、何がいい・・・何にしよう・・・???

―広報:モリモリ食べながら(インタビュー)やりましょう、笑!

おぐゆなちゃん:笑。
いいんですか?
じゃあ、取っちゃっていいですか?
じゃこれ頂きます、ありがとうございます♪
んー!
おいし~♪

―SODスタッフさん:由菜ちゃんは何のケーキなの?それ??

おぐゆなちゃん:なんだろう?
ブルーベリー?と、アーモンドと・・・。

―SODスタッフさん:梨乗ってる?

おぐゆなちゃん:梨かなこれ?
林檎かな?

―広報:ブルーベリーかな??
プルーンかもしれないですね、デカいんで。

おぐゆなちゃん:プルーン?
おいしいですこれ~!

ーこんな感じでしたw
しかし。。。
なんと、後で調べたら、プラムでした(爆)。

 

あと、最後に宣伝ですよ~!
12月7日発売のAVデビュー第一弾「小倉由菜 AV Debut」をゼストで買うと、先着順にチェキがもらえる感じになります♪

もちろん一枚一枚、おぐゆなちゃんがサインしつつ、なおかつたまに当たりがあります!
ゼヒゼスト各店舗にてゲットしに来てくださいませ!

 

そして、小倉由菜ちゃんはツイッターにて、日々の情報をアップしております!

これがまた、萌え萌えでござる!
フォローしないと勿体ないですぞ~!!!

 

次回は、だいたい1週間後の、12月12日ごろに2回目をお送りいたしますので、お楽しみに~!
韓国大好きトークを予定しておりま~すよ☆
・・・はい!
更新されました♪みーてね~!

The following two tabs change content below.
ゼスト広報
アキバ系エンタメショップ・ゼストのイベント情報をアップする広報の中の人です!
セクシー女優さんをお招きしたイベントや、ゼスト各店で開催するオトクなイベント情報、営業時間のご案内など、ゼストグループ全体のお知らせ情報を発信していきます。
その他、たまーにセクシー女優さんのインタビューもしてますので、大きなお友達はぜひチェックしてください☆

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ