title

初心者向け|エロゲーをやるために必要なパソコンスペック解説&選ぶ時の注意点

こんにちは!
ゼスト市原店アニメ担当の加藤です!

「エロゲやってみたいけど、どんなパソコンがいいの?」
「このパソコンで動くか心配・・・」
そんな心配することって多いと思います。

そこで今回は、エロゲーをやるために必要なパソコンのスペックについて解説してみました。
初心者の方や、初めてパソコンを買う方の参考になれば嬉しいです。

ちなみに・・・。
今回は超長文になります!
長い項目は「ポイント!」だけ読んどけばとりあえずOKです。
また、エロゲーメーカー様の公式サイトなどにも「動作環境」「必要スペック」などの項目が載っていますので、不安な方は確認してみてください。

 

目次

  • エロゲーの動作環境って理解しておいたほうがいいの?
  • 「必須スペック/推奨スペック」ってなに?
  • で、エロゲはノートがいいの?デスクトップがいいの?
  • 「OS(オーエス)」って何?
  • 「CPU(シーピーユー)」はPCを選ぶ際の花形!しっかり覚えよう!
  • 「メモリ」ってたくさんあったほうがいいの?
  • 「GPU」ってなに?「CPU」とは違うの?
  • 一番良く聞く!「HDD/SSD」はデータ保存容量のこと!
  • 「DirectX(ダイレクトエックス)」って何?
  • その他①:ネット環境はあるほうが良いです
  • その他②:デスクトップPCのモニター選びのコツ
  • その他③:意外な落とし穴!セキュリティソフトにご注意!
  • おまけ①:パソコンってどこで買えばいいの?
  • おまけ②:オススメの周辺機器2選
  • まとめ

 

エロゲーの動作環境って理解しておいたほうがいいの?

ポイント!
・最近発売したパソコンならそこまで理解してなくても動くからOK!

一部の3Dゲームを除けば、実はエロゲに求められるスペックはかなり低く、ここ2~3年で発売されたパソコンでしたら、まず問題は無く動くと思います。
とはいえ、実際にエロゲーをプレイする際必要になってくる動作環境を見ていきますと、多くのエロゲの場合、対応OS/CPU/メモリ/HDD/DirectX/などの動作環境がパッケージ裏面とかにずらずらずら~っと書かれています。

例えば、ゆずソフトの『千恋*万花』。

こちらですと、動作環境はこんな感じ。

もうひとつ、イリュージョンの『ハニーセレクト』。

こちらも必要スペックはこのような感じで記載されています。
見慣れた方にはお馴染みですが、初めて見る方にはよく分かんないですよね。

最近のPCと最近のエロゲを買う場合は、大体クリアしているので知らなくてもそこまで問題無いですが、知っておいたほうが良いのは事実。
今回はこれを例にとって、順番に説明していきたいと思います。

 

「必須スペック/推奨スペック」ってなに?

まず気になるのが、この「必須スペック」と「推奨スペック」だと思います。
違いは、

  • 必須スペック:これくらいの性能は最低限欲しいよ!って目安
  • 推奨スペック:これだけの性能があれば安心して動くよ!って目安

です。

「必須スペック以下だと動かないの?」と思われるかもですが、そんなことはないです。
数段下のスペックでもプレイできる物が多いですが、必須スペック以下だと動作が重くなったり、正常に起動しない場合があります。
また、ノートパソコンの場合、この必須スペックよりワンランク上の性能を目安にしたほうが良いです。

不具合やエラーが出た時に、メーカーさんに対応して貰えなかったり、保証対象外になったりする場合がありますので注意です。
特に3D系の場合は要求スペックが高いので確認しましょう。
イリュージョン様とかKISS様は要確認!

 

で、エロゲはノートがいいの?デスクトップがいいの?

ポイント!
・タワー型デスクトップパソコンがオススメ。ノートPCも全然あり。
・液晶一体型デスクトップPCは避ける。
・ノートパソコンを買う場合は、性能と排熱性に注意する。
・DVDドライブが付いているか必ずチェック!
・エロゲは買取を利用するとお得に買える!

OSとかCPUとかの前にまずこれを決めましょう!

アナタはどういう目的のためにPCを買おうと思っていますか?
「持ち運びが出来るし場所も取らないから、お手軽な「ノートパソコン」にしたい!」
「ちょっと場所は取るけど、性能面・値段・拡張性・メンテナンス面など、色々優秀な「デスクトップパソコン」にしたい!」
どちらも魅力的ですよね!

自分の使うシーンに応じてPCを買ってほしいわけですが、その時に外さないでほしいポイントとして考えてほしいのがこの4つ。

  • 性能が足りているか
  • 他にも動画編集・ブラウザゲームなど、使用目的があるか
  • 排熱性・冷却はきちんと出来るか
  • DVDドライブが付いているか

この辺を踏まえて買いましょう!

 

上記をすべて考慮すると、好みの問題・用途によって変わってきますが、特にこだわりがなければ「タワー型デスクトップPC(パソコン本体とモニターが別々になっているもの)」をオススメしたいです。

タワー型デスクトップパソコンは、大きくて場所を取るデメリットの代わりに、性能面・拡張性・冷却性・メンテナンス性が優れていて、お値段もお手頃な物がたくさんあります。
コンパクト設計なミニタワーやスリムタワーなんてのもあります。
そして、エロゲだけじゃなくて他のパソコンゲームや、動画編集・ブラウザゲームも一緒にやりたい!なんて方は、ノートよりもデスクトップが良いと思います。

デスクトップでも、液晶と本体が一緒になっている「液晶一体型」と言うものがありますが、なるべくこれは避けましょう。
一概に全てが悪いとはいえませんが、一体型はスペックが低い物が多く、熱が物凄く溜まりやすい上に拡張性も乏しい、といった物。
(暖房替わりになったり)スペースが節約できるメリットもありますが、あえて選ぶ必要は無いと思います。

あと、ノートパソコンでも言えますが、基本的に全取っ替えになる為、部品の交換や故障の時にお金がとっても掛かります。
ですので、「一体型」以外のタワー型デスクトップが無難だと思います。

 

それで、ノートパソコンは?と言うと、近年は非常に高性能なノートも多数出てきているので、選択肢として全然あり!です。
そもそも、エロゲーはそこまで要求スペックが高くないので、型落ちのノートパソコンでも余裕だと思います。

予算を出来るだけ抑えたい場合は、中古のノートパソコンも◎。
2~3万円くらいの中古ノートでも、十分使用に耐えうる物が売ってたりします。

ただ、ノートパソコンにも弱点が有ります。

ノートは排熱性が弱く、長時間のプレイには適してません。
一体型同様、拡張性に乏しく、持ち運び可能な反面、万が一落っことしたら試合終了という不安要素もあります。
また、同性能のデスクトップと比べると、お値段が高めです。

一部高スペックを要求されるゲームでは、
「ノートパソコンでの動作は保証しておりません」
「ノートパソコンでは動作が遅くなる場合があります」
なんて書かれていることもあります。

「持ち運びできる」「場所を取らない」「こっそりエロゲをヤりたい」等を考慮して、用途によって選びましょう。
それと「無いよりマシ」程度ですが、ノートPC用の冷却パッドも装備してあげると多少は快適になります。

 

で、つい忘れがちですが、『DVDドライブ』は確認必須です!!

ダウンロード版を除けば、ほぼ全てのエロゲーはDVDディスクに収録されています。
なので、DVDドライブは必須!
DVDドライブがついているか、特にノートパソコンの場合は、買う前に必ず確認しときましょう。

最近はダウンロード版もかなり増えてきました。
・・・が、当然「データ」ですので、売ることが出来ません。
知っての通り、エロゲってとっても高い買い物です。
ミドルプライスでも5~6,000円前後。
フルプライスになると、10,000円近くします。

そんな時に活用したいのが、『お買取り』です!
新作や人気作なら、5,000円以上で買取しているソフトもたくさんあります。
買取活用で、新作ソフトが実質2,000~3,000円くらいで買えちゃうことも多いです。

ただでさえ高いエロゲで、お買取りを使わないのは勿体無い!
遊び終わったらゼストに売りに行って、また次のエロゲ資金にしましょう。(ダイマ)

 

「OS(オーエス)」って何?

ポイント!
・OSはWindows7かWindows10の64Bit版がオススメ。
・Macだと(普通は)エロゲ出来ないよ!
・OS違いで起動しなかったら『互換モード』を試してみる!

どどすこどどすこにゃ~にゃ~にゃ~♪
OS(オーエス)とは、コンピューターを動かすためのソフトウェアの事で、いわゆる脳みそみたいなものです。

PCでは、「こんな動作するのは当たり前だろ!」という部分のシステムを担当しています。
「キーボードで文字入力すると画面に反映される」「マウスで画面を操作できる」「イヤフォンを指すと音が聞こえる」みたいなヤツです。
代表的なOSは、「Windows」と「iOS」でしょうか。

エロゲをプレイする上で、このOSは結構重要になってきます。
なぜなら「Windows」のみ対応の場合がほとんどで、Mac(iOS)だと基本的には動かないからです。
なので、エロゲをプレイするには、「Windows」を搭載したパソコンを買いましょう!

今から新品でパソコンを買おうとすると、ほとんどの場合は「Windows10(64bit)」というバージョンの「WindowsのOS」が搭載されていると思います。
これから発売される新しいゲームメインならWindows10でOK。

少し前に発売されたエロゲもやってみたい!ならWindows7(64bit)。
Windows7を選びたい場合は、BTO(後述)で選択するか、ちょい型落ちのPCを探すか、中古パソコンを見てみましょう。
ただし、Windows7のサポート終了は2020年1月14日までです。

そして、選択肢としてほぼ除外されていますが、Windows8&8.1は選ばないようにしましょう。
色々魔窟ですw

 

そしてここも重要ですが、WindowsOSには「32bit版」と「64bit版」があります。

初心者にもわかりやすい大きな違いは、メモリの認識量。
32bit版は、4GBまでしかメモリを認識してくれません。

ゲームやアプリをたくさん起動したり、ネットしながらゲームをやったりとあれこれ平行でやる場合、たくさん処理をしなくてはいけないのでその分メモリを使います。
なので、4GB以下だと重くなる場合も多いです。
重くなるのを回避するためにはメモリを積めば良いんですが、せっかくいっぱいメモリを積んでも認識してくれなきゃ意味ないですね。

少し前までは、64bit版だと動かないゲームもありましたが、今は64bitでも殆どのエロゲが動きますので安心です。
なので、特に用途が無い限りは64bit版を選びましょう。

先ほどの必要スペック表を見てみてもわかる通り、ここ1年くらいで発売されたエロゲは「対応OS:Vista/Win7/Win8/Win10」となっている物が多いです。
(一部、Win10に対応していないソフトもあります。)

 

あとは、店頭でもよく聞かれますが「このゲーム(古いエロゲ)ってWin10とかWin7でも動くの?」との質問。
はい。
とっても良く分かります!
「ちょっと古めだけど気になっていたあの名作をやりたいけど動くのかな?」問題。

これは、基本的に新しいOSでも問題なく起動する物が多いです。
よっぽど古いソフトや、一部特殊なものでない限り、Win7で動かないって事はそうそう無いと思います。
対応OSがWin98/Meのソフトでも、Win7やWin10でも普通に動くものもあります。
逆に、対応OSがVista~になっていても、XPで動くものも多いです。

ただ、Win7やWin10で動かなくてもあきらめるのは早いです!
【互換モード】を使えば起動できる場合もありますので、ダメ元で試してみるのもありです。

この「互換モード」というのは、新しいOSだと動かないソフトを指定した旧OS(XPとか)として実行することが出来る素敵システム。
これにより、新しいOSでも古いゲームが出来る「かも」しれない、のです。

やり方はとっても簡単で、たとえばWin7で動かないエロゲをXP互換モードで起動するぜ!という場合は・・・。

  • ①動かしたいアプリケーションを右クリックして「プロパティ」を選びます。
  • ②「互換性」タブを選んで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  • ③チェックの下に「WindowsXP」とか「Windows98」とかのOSを選べるボックスが出てきますので、遊びたいゲームに対応しているOSを選択します。
  • ④適用を押します。
  • ⑤OKを押します。
  • ⑥起動します。

はい。
これだけです。
すごーい!かんたんだね!

ただ、互換モードは動作を保証するものではありません。
この方法がだめな場合は、なるべく対応OSに載っている物でプレイするしかありません・・・。
起動したらラッキー程度ですので、過度な期待はしないでね!

 

「CPU(シーピーユー)」はPCを選ぶ際の花形!しっかり覚えよう!

ポイント!
・「Intel Core-i5」以上を買うべし!

CPU。
これ、むちゃくちゃ重要なパーツです。
パソコンの頭脳に当たります。

最初に結論を言いますと、「Core-i5(コア アイ5)以上」がオススメ。
Core-i3でも余裕だと思いますが、最新のCore-i5かi7ならまず間違い無し!
インテル製のCPUが推奨されることが多いです。

 

この前提に立った上で、CPUという項目を見ると、メーカーさんによって表記が異なります。
『CPU必須:Intel core-i3以上(インテルCore-i3以上のCPUが必須だよ!の意味)』
『CPU必須:1.3GHz以上(CPUのクロック数が1.3ギガヘルツ以上が必須だよ!の意味)』
など。

・・・汗。

ちょっと待って。
クロック数?ギガヘルツ??
なんじゃこりゃ!ですよね。
CPUの後ろに付いている「1.3GHz」の数字は、単位を、「GHz」=ギガヘルツと読みます。
これはCPUの性能だと思ってください。
この数字が大きければ大きいほど、処理が早くて高性能なCPUとなります。

例えば、「Intel Core i7 3.20GHz」と書かれていたとします。
「Intel Core i7」←これがCPU
「3.20GHz」←これがクロック数
となります。

 

逆にすでに自分のパソコンを持っている場合、WindowsのOSやCPU・メモリってどこで確認するんだ?と思いますよね。
これも簡単に確認ができます。

  • ①スタートメニューを押す。
  • ②「コンピューター」にマウスを当てて右クリックする。
  • ③選択項目がいろいろ出る中の一番下に「プロパティ」があるので、そこを押す。
  • ④確認画面が出る。

という感じで確認します。

 

「メモリ」ってたくさんあったほうがいいの?

ポイント!
・エロゲの場合だけなら「メモリ」はそんなにいらない!
・4GB~8GBあればOK!

メモリとは何か?というと、データ・プログラムを「一時的に記憶する部品」です。
パソコンが作業するスペースの大きさだと思っていただくとわかりやすいかと思います。

たとえば、ガンプラを作ろう!と思うと、説明書を並べたり、工具を置いたり、塗装のための乾かす場所を作ったり、と広いスペースを確保すればするほど作業しやすく、制作もはかどります。
なので、このメモリの数値=パソコンの動作速度に影響を及ぼしてくるのです。

こう考えると、4GB以上は欲しいです。8GBあればまず安心!

 

ただ、普通の2Dエロゲはあんまりメモリを使いません。
【必須:1GB 推奨:2GB】
こんな程度だと思います。

とはいえ、エロゲしながら裏でネットして片手間でブラウザゲーやって動画も見たいぜ!って欲張りさんもいると思いますので、8GB以上欲しくなるかも。
たまに32GB以上積んでるのを見ますが・・・現状そんなにメモリを使うゲームは存在しないので不要です。

 

「GPU」ってなに?「CPU」とは違うの?

ポイント!
・「GPU」はグラフィックが滑らかになるパーツのこと。
・ただし、CPU内蔵は性能低い。

GPUは、CPUと一文字違うだけですが、3Dグラフィックや高画質の映像をキレイに・滑らかに動かす為のパーツのことで、全くの別物です。
NVIDIAの【GeForce】シリーズやAMDの【Radeon】シリーズなどのが有名です。

エロゲメーカーさんによって、『GPU』『VRAM』『ビデオメモリ』『グラフィック』など表記がバラバラでとっても分かりにくいですが、『GPU』は「GTX-1080」などグラフィックボード自体の事、『VRAM』や『ビデオメモリ』は本体のメモリとは別のグラフィック用メモリだと思ってください。
例を挙げると、「GTX 1080 SEA HAWK EK X [PCIExp 8GB]」と書かれていた場合、
・【GTX-1080~】←これがGPUのこと
・【8GB】←これがVRAMのこと
になります。
そんなに性能を要求されないゲームの場合、そもそもこの項目が載っていない物も多いです。
割と新しめのゲームや、3Dエロゲをやる時は気にしてあげましょう。

高性能なグラボを搭載すると、一気に性能が上がりますが、お値段も増し増しなのでお財布と要相談です。

 

ここで買うときに気を付けたいのが、【オンボード】や【CPU内蔵】の表記があるとき。

これは、グラフィックカードがマザーボードに最初から備わってるよ!という、一見素敵機能。
・・・なんですが!
オンボード、CPU内蔵はグラフィック性能が低い場合が多く、3Dゲームに弱かったり、画像を高画質で表示するのが苦手です。
さらに、後からグラフィックカードを増設することも出来ない事が多いです。

「オンボードグラフィックのパソコンは動作を保証しません」なんて書かれている物も少なくありません。

普通の2Dエロゲに限って言えば、「オンボードだから動かない」ってケースは少ないと思いますが、【オンボード】や【CPU内蔵】を見かけたら、CPUにグラフィック機能が入っているから安心!とは思わないで、ちょっとグラフィック機能が弱めだと覚えておいてください。
安いのでもいいので、グラボの搭載を検討してみるのもオススメです。

 

一番良く聞く!「HDD/SSD」はデータ保存容量のこと!

ポイント!
・OSやシステム用に、SSDを搭載すると凄く快適!
・ゲームや動画用に1TB以上の容量の大きなHDDを付ける!

HDDは「ハードディスクドライブ」、SSDは「ソリッドステートドライブ」の略になり、ゲームや動画などのデータを保存するスペースの事です。
2つは何が違うかというと
・HDD=耐久性能が高い。ただしPC速度は普通。
・SSD=HDDと比べて高速&静音になるすごいやつ。ただし高いことと耐久性が弱い。
という感じ。

SSDにOSやシステムファイルを入れてあげると、PCの起動や終了、その他諸々の体感速度が段違いです。
ただ、(3Dエロゲを除く)普通の2Dエロゲに対しては、そこまで大きな効果は得られないので、過度な期待は禁物。
加えて、まだまだSSDは高価なものなので、もし手を出すのでしたら500GB以下くらいが手を出しやすいと思います。

パソコンショップによっては、「今ならSSD○GBプレゼント!」とかやってる事もあるので、セール情報はこまめにチェックしておくと、お得に買えるかもしれません。

 

そして肝心の容量ですが、これはお値段が容量とともに比例しますが、HDDは1TB以上(1TB(テラバイト)=1000GB(ギガバイト))がオススメです。

多くのエロゲの容量は2~4GBくらいですが、最近は6GB以上ってのも増えてきました。
3D系のゲームは10GB以上平気で持って行かれるので、たくさんやりたいぜ!って方はもっと大きめのHDD(SSD)を用意しましょう。

外付けHDDで増設する手もありますが、いちいち付けたり外したり、どれになんのゲームが入ってたっけ?とか管理もメンドイので、初めからある程度確保しといた方がいいと思います。

せっかく今から買うなら「HDDのみ」のパソコンは選ばない方がいいです。
容量が少なくても、SSD搭載のパソコンを選びましょう。

 

「DirectX(ダイレクトエックス)」って何?

ポイント!
・PCに内蔵済み!あまり気にしなくてOK!

ゲームとか映像とかの処理を速く&快適にするぜ!というシステム。

エロゲだと【DirectX9.0c以上】と書かれているものが多いと思います。
基本的に初めから導入されているものなので、あんまり気にしないでOKです。

もし入ってなかったり、エラーなどが出て上手く起動しない場合でも、マイクロソフトのHPから簡単にダウンロード出来るし、ゲームディスクに同梱されていることも多いので安心です。
対応しているバージョンだけ気を付けてあげてください。

 

その他①:ネット環境はあるほうが良いです

エロゲにネット環境って必要なのか?ってたまに論議されます。

基本的に無くてもプレイできます。
・・・けど、なるべくネット環境は用意しましょう。
まず大前提として、プレイの際に「ネット認証」が必要なゲームもありますので、そもそもネット環境がないと遊べません。

また、エロゲは発売後にバグの修正、演出強化などの為、修正パッチが配布される事が多いです。
追加ルートやおまけシナリオなどが配布されることもあるので、出来ればネット環境は整えておきましょう。

 

その他②:デスクトップPCのモニター選びのコツ

ポイント!
・モニターは実際に見てから買うのがオススメ。
・サイズは24~27インチくらいがオススメ。
・液晶表面は非光沢(ノングレア)がオススメ。

パソコンを初めて買う場合、モニターも一緒に買うことが多いと思います。
モニターは個人の好みがモロに出ますので、軽く参考程度にお考えください。
その上で選ぶときに考えるポイントとしては

  • モニター自体の大きさ
  • 液晶表面の材質
  • パネル方式
  • 最大解像度
  • 応答速度

この5つでしょうか。
これは個別に書いていきますね。

そこまで気にしないよ!というのであれば、大きさとグレア/ノングレアだけ気にしてあげればいいと思います。

 

モニター選びのヒント①:大きさ

エロゲに限って言えば、大きければいいってもんじゃないです。
完全に好みの問題になってしまいますが、24~27インチ(ワイド)くらいが丁度いいと思います。
あんまり大き過ぎると逆に見にくいです。
大きい画面でやりたい場合は、テレビに出力してあげた方がいいです。

 

モニター選びのヒント②:液晶表面の材質

重要な項目です。
光沢あり(グレア)と光沢なし(ノングレア)。

とっても簡単に言うと、画面が反射するか、反射しないか、といったモニター画面の見え方の違いです。
蛍光灯の光とか、「自分の顔」とか。

エロゲは場面転換で画面が暗転することが結構多いです。
つまり、グレアだとその度に自分のニヤけた顔がモニターに映るのという素敵仕様。
やったね!

嫌な方はノングレアを選んどきましょう。
目が疲れにくい、画面がキズつきにくいといったメリットもあります。

 

モニター選びのヒント③:パネル方式

パネル方式は、【TN方式・VA方式・IPS方式】なんて、よく分からない項目が出てきます。

画質や視野角、応答速度、コントラスト、値段がそれぞれ異なります。
正直どれも長所と短所があるので「どれが良い」ってのは無いです。
これは文字で読むより、実際にお店でどんなものか確認しておくのをオススメします。

参考までに・・・方式による差はこんな感じ。
TN方式
画質:△
応答速度:○
視野角:△
消費電力:少
値段:安

IPS方式
画質:◎
応答速度:△
視野角:◎
消費電力:多
値段:高

VA方式
画質:○
応答速度:TNとIPSの中間くらい
視野角:○
消費電力:TNとIPSの中間くらい
値段:TNとIPSの中間くらい

 

モニター選びのヒント④:最大解像度

エロゲのスペックを見ると
・必須:800×600
・推奨:1920×1080
なんて項目が載っています。

調べると、解像度=【モニター画面の「きめ細かさ」を示す数字】、なんて出てきますが、きめ細かさ言われてもよく分かりませんね。
よっぽどこだわる人以外は、単純に縦と横にどれくらい広いかだと思ってください。
店頭で選ぶ際でも、ネットで買う場合も、まず必ず載っている項目なので、確認しやすいと思います。

フルHD(1920×1080)を選んでおけば、色んなゲームに対応できると思います。
値段もお手頃で、モニターの売れ筋ランキングなどでも1920×1080が上位に来ています。

 

モニター選びのヒント⑤:応答速度・リフレッシュノート

これは、エロゲだとそんなに気にしないでOKです。

FPSとか、アクションゲームをやるヘビーユーザーが気にする項目です。
応答速度が早いと、動きの早い動画や映像を残像無しでスムーズに映せます。

 

その他③:意外な落とし穴!セキュリティソフトにご注意!

「よっしゃ!エロゲのインストール完了!早速プレイするぜ!」
「実行!」

「エラーです!ウイルスを検出しました!」

って出ることが少なくないです。

エロゲの中には、セキュリティソフトに「ウイルス」と誤認されるものや、プロテクトが搭載されているゲームで認証が上手く行かない物が存在します。
もう、こればっかりはどうしようもないです。
誤動作回避用の修正パッチが配布されている場合もありますので、慌てず公式HPのサポートページを確認しましょう。

もしくは、セキュリティソフトの設定で、プレイしたいエロゲを監視の対象外に設定しておけばオッケーです。
(例外設定とか除外設定とか)煩わしいですが、初めから除外設定しておく手もあります。

 

おまけ①:パソコンってどこで買えばいいの?

ここまで散々PCのスペックについて書いてきましたので、「じゃあどこで買うねん!」という方もいることでしょう。
そこで、代表的なショップをピックアップしてみました。

 

BTOパソコンショップ

「BTO」ってなんか聞きなれないですね。

一体なんのことかというと、自分の要望に合わせてOSやメモリー・HDDなどのパーツを選んで組み立ててもらう、オーダーメイドのようにPCを組んでくれるお店のことです。
まったくわからない人にはちょっと向きませんが、最低限必要なパーツ・ソフトが自分でわかっている方には最適!
自分の希望する値段や性能、パーツを選びやすく、しかも保証やサポートも選べるので安心なんです!

初めて買う場合や、パーツとか性能とか分からなくても、予算に合わせて各サイトの売上ランキングや人気・オススメ品を買っておけばまず間違いないです。
結構頻繁に特価セールや、パーツのプレゼントキャンペーンなどをやっているので、人気機種やお目当てのパソコンがセールの対象になってたらチャンスです。

パッと見で直感的に分かりやすいサイトをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

ドスパラ
マウスコンピューター
G-tune
パソコン工房
パソコンショップSEVEN※ちょっと上級者向け

 

メーカー製パソコン

富士通、NEC、DELL、Lenovoとか。
家電量販店やメーカーのサイトなどで買えるPCです。

もちろんハイスペックPCも売ってはいますが、基本は「特化性能」ではなく「万人仕様」なので、ある程度何でも出来るけど、性能が別段高いと言う訳ではないPC。
とりあえずパソコンでインターネットとか、動画見たり色々やりたい!な人向け。
「エロゲが出来ない」なんてことはありませんが、適してる訳でもありません。

実際に店舗で見て購入できるので、そういう意味ではどんなものか実際に触れるので分かりやすく、保証・サポートが充実しています。
(ただし、店員さんの口撃も覚悟しましょう。)

デメリットとしては、(余計な)試用ソフトやアプリが多数入っている事があり、お値段も高めな場合も多いです。

 

Amazonや楽天などの通販サイト

あまりオススメはしませんが、ポチるだけなので簡単っちゃあ簡単です。

新品、中古共に販売してます。
性能は・・・うん、まぁ・・・ね?&値段も別に安くはないです。

 

おまけ②:オススメの周辺機器2選

快適なPC環境のために、こんな周辺機器はいかが?ということで、2つ紹介してみます!

 

USBオーディオ変換アダプタ

ほとんどのエロゲユーザーは、イヤホンやヘッドホンなどで音を聞いていると思います。
その際、「雑音・ノイズ」してませんか?
ザーーーーとかジーーーとか。
あれ、煩わしいですよね。
そんな時にオススメなのが、「USBオーディオ変換アダプタ」なんです。

ヘッドホンとか、イヤホンをUSBに接続できる変換アダプタで、パソコン内部の雑音に影響されにくくなって、とってもクリアな音になります。

私も長年イヤホンでプレイしていて、ノイズに泣かされていましたがこれで解決しました。
イラつく雑音とはオサラバです。

価格は、Amaz○nで1000円くらいですよ。

 

静音マウス

マウスのカチカチ音が気になる!
そんなあなたにはコレです、「静音マウス」。

エロゲはキーボード操作できるものも多いですが、何だかんだでマウスでプレイする事が多いと思います。
静かなお部屋で、「カチカチ」・・・。
これを使うことで、カチカチ音がしない!・・・とは言えませんが、かな~り軽減されます。

コレもAm@zonで1000円くらい。
お手軽です。

 

まとめ

はい!
すっごく長くなりましたね!!
拙い文章を長々と失礼いたしました。

Q:クソ長くて読んでられない!1行でまとめて!
A:最近出たパソコンなら、ノートでもデスクトップでも問題なくエロゲ出来るよ!

・・・・・以上っす!!←

初めてパソコンを買う方、エロゲやってみたいって方に、ちょっとでも参考にしてもらえれば幸いでございますm(_ _)m

The following two tabs change content below.
加藤芳隆
ゼスト市原店・アニメ担当の加藤です。
PCゲーム、新旧アニメ、コミック、同人などなど!何でもイケます!
ゲームの感想、アニメのお話などを振ってくてると喜びます。一緒にお話しましょう!
新作情報、在庫確認、ご予約&お買取りは私まで!
アニメ売場、エロゲ売場でウロウロしているので、お気軽にお声掛けくださいませ。
【ゼスト市原店】
店舗住所:千葉県市原市君塚3-16-1
電話番号:0436-23-5580
営業時間:11:00~25:00
取扱商品:
ゲーム・洋画・邦画・アニメDVD・ブルーレイ・美少女PCゲーム・同人誌・同人ゲーム・成人向コミック・成人向DVD・成人向ジョークグッズ・キーホルダーなど小物雑貨他
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ