title

独特な戦闘システムが魅力の戦ヴァルシリーズ初代~3までを解説してみた!戦場のヴァルキュリア各作品紹介:前編

どうも皆様、黒猫です。
前回「戦場のヴァルキュリア」シリーズって何?」ではヴァルキュリアシリーズの大まかな説明と戦闘システムについてご説明させていただきました。

今回から2回に分け、ヴァルキュリアシリーズの各ゲームについて熱くお話したいと思います。
まず前編では、初代から3までの3作品についてご説明させていただきます!

 

目次

  • 2008年発売!初代「戦場のヴァルキュリア」
  • PSPで登場!「戦場のヴァルキュリア2」
  • 戦況を大きく変える新システムが追加!「戦場のヴァルキュリア3」
  • まとめ

 

2008年発売!初代「戦場のヴァルキュリア」

さて、ここからが本題!
まずは初代から!

初代ヴァルキュリアは、2008年にPS3用のソフトとして発売されました。
その独特の戦闘システムやグラフィックで話題になったゲームです。
ストーリーはざっくり言うと、「主人公達が暮らす国で豊富に採れる『ラグナイト』という資源を目当てに攻めてきた敵軍から国を守る為、義勇軍となって戦う」という王道のものです。

前回記事で人間ドラマを描いたと書きましたが、本作はメインキャラ以外の味方キャラ(作中では志願兵と呼ばれている)が、人気投票で上位に輝いた一部のキャラ以外全く関わってこないので少し残念です。

その人気投票上位のキャラも、DLコンテンツを買わないと他のキャラと何も変わらないんですけどね・・・。
アニメ化された際の登場キャラも、メインキャラの他はほぼ人気投票上位のキャラでしたし。
またストーリーには直接関わってこないものの、サブキャラとして登場したキャラや、主人公の親友(このキャラはゲームにもしっかり登場)が率いる小隊のメンバーとして登場したキャラもいますが、扱いは・・・察してください(´・ω・`)

発売から10年経つ作品ですが、今の所シリーズトップクラスのゲームといっていいのではないでしょうか。
個人的な意見ですけど・・・。

 

戦闘は、各兵科の特徴を活かして行っていきます。
味方ユニットの兵科は全部で5つ。
それぞれ、

  • 偵察兵・・・射程と命中が高いライフルを装備できる兵科。
    APが最も多く、隠れている敵を発見出来る能力が他の兵科よりも高い。
    戦闘中は広大なマップを移動する事が多いので、APが多いというのはそれだけで便利。
  • 突撃兵・・・発射数が多く威力が高いサブマシンガンを装備できる兵科。
    防御力もそこそこ高めなので、対歩兵ユニットでは非常に強い。
    その代りAPが少なめなので、マップを動き回らないといけない場面では少々使いづらい。
  • 対戦車兵・・・対戦車槍という兵器用の武器を装備。
    その名の通り戦車等の機械相手に特大のダメージを与える事が出来る。
    また突撃兵以上の防御力に加え、手榴弾や地雷などの爆発系ダメージに耐性を持つので硬さはトップクラス。
    ただし命中がやや不安定なので、的が小さい対歩兵ユニットでは不利。迎撃が出来ない。
  • 支援兵・・・初代と4では偵察兵同様ライフルを装備。
    2と3では武器がピストル(弱い)に変わっている。
    歩兵・戦車問わず味方のHPを大きく回復させる事が出来る他、地雷の撤去や壊れた土嚢・櫓などの施設の修理も出来る。
    反面戦闘能力は最低クラスなので後方から味方の援護をしたい。
    2と3では、施設修理の能力を別の兵科に取られてしまっている。
  • 狙撃兵・・・スナイパーライフルで遠くから敵を狙い撃つ事が出来る兵科。
    スナイパーライフルのみ攻撃時の視点がスコープモードになり敵を狙いやすい。
    ただし3までは対戦車兵と同じく迎撃が出来ず、防御力も全兵科中最低なので、近付かれて攻撃されると非常に脆いので注意。

といった感じでしょうか。

ちなみにこの初代、ステージや勝敗条件によってはオーダーを使用した特定キャラによる強行突破が出来たりする為に、アリシア無双リィン無双オードリィ無双などと呼ばれる戦術・・・戦術?があります。
どうしてもSランククリアが出来ない!という時にはオーダー戦術をガンガン使ってしまうのも良いかもしれないですね。
なお上記の3名は女性なのですが、ヴァルキュリアシリーズは4にいたるまで大体強いキャラは女性に固まっていたりします。
男とは一体・・・。

 

初代ヴァルキュリアは、PS4でリマスター版が発売されていますのでPS3を持っていない!という方でも安心です。
英語版の吹き替えのみになってしまいますがSteam版(PC)もあります。
2018年秋にはSwitch版も発売されるようなので、プレイしてみたい方は是非購入してみてください!

 

PSPで登場!「戦場のヴァルキュリア2」

お次は戦ヴァル2。

2は2010年に発売。
初代の2年後の世界が舞台となっております。
主人公はある理由から士官学校に通うことになり、ガリアの地で発生した内乱を止める為に戦いに身を投じていく、というようなストーリーです。
士官学校モノの為か青春色が強めの作品ですね。

作品としては、据え置き機のPS3から携帯機のPSPに変わった為か、大幅にグレードダウンしており、特にマップやSEは、初代とはもはや比べる事も出来ないほど残念ですね・・・。

マップは初代のような広大な1つのマップではなく、細かく分けられた分割マップが複数存在し、特定の拠点を制圧すると連動する拠点から別マップへ行けるようになる、というものになっています。
拠点が連動している為に、片方の拠点が占拠されてしまうともう一方も占拠された状態になってしまうので、防衛は非常に面倒になってしまっています。
上の画像だと、マップ内にある拠点はそれぞれマップ1・3・4へ連動しています。

 

更に本作は、兵科がより複雑になっており、初代で装備できた物がより細かく分けられた兵科ごとに変わってきます。
新兵科や派生兵科はそれぞれ

  • 重偵察兵・・・偵察兵から派生。APが減ってしまった代わりに威力の高いライフルを装備可能。初代で偵察猟兵(偵察兵の最上クラス)が装備出来たライフルグレネードはこの兵科のみ装備可能。
  • 対戦車狙撃兵・・・偵察→狙撃→対戦車狙撃で派生。
    名前の通り、初代では鹵獲武器としてのみ登場した対甲攻撃力が高いスナイパーライフルを装備出来る狙撃兵。
    しかし対戦車兵に火力で劣る上、戦車破壊するくらいなら歩兵ユニットを狙ったほうが活躍出来る為、あまり出番がないのが残念。
    一応戦車の弱点部分を的確に狙う事が出来るという強みはある。
  • 機関銃兵・・・突撃兵から派生。
    派生兵科に軽機関銃兵と重機関銃兵があるが、威力かAPかくらいの違いしか無い。
    攻撃時は他とは違い、横に薙ぐように撃つので威力の割に敵を倒しきれない事が多々ある。
    反面迎撃は普通に撃つので、拠点防衛などで活躍で出来る。
    3で化けた兵科。
  • 強襲兵・・・突撃兵から派生。
    初代の突撃猟兵が装備出来た火炎放射器は、この兵科のみ装備可能になっている。
    APが突撃兵より多く火炎放射が非常に強力な為、2では安定の兵科。
  • 楽奏兵・・・支援兵から派生。
    味方を強化する効果を持つ楽器を演奏出来るサポート向きの兵科。
    ただし支援兵の頃の回復能力は一切持たないので注意。
  • 軍楽兵・・・楽奏兵から派生。
    敵の能力を下げる楽器を演奏出来る。
    戦車などの機械系の敵や、一部ボス系のキャラには通用しないので注意。
  • 迫撃兵・・・対戦車兵から派生。
    対甲能力を失った代わりに強力な対人用装備の迫撃槍を装備出来る。
    味方だと使いづらいが、敵にいると死ぬほど厄介な兵科。
  • 技甲兵・・・2からの新兵科。
    非常に高い防御力を持ち、軍用レンチ(という名の鈍器)を用いて攻撃する白兵戦特化の兵科。
    初代で支援兵が持っていた地雷の撤去&施設の修理能力はこの兵科が持つ事になった。
    派生兵科の特殊技甲兵は、シリーズで唯一地雷を設置出来る兵科。
  • 剣甲兵&爆剣兵・・・技甲兵から撤去&修理能力がなくなった代わりに圧倒的な対人攻撃力を持つ大剣を装備出来る兵科。
    爆剣兵は対甲特化。
    ・・・爆剣ってなんですかね?

・・・たくさんありますね。
狙撃兵もまさかの派生兵科になってしまいましたし・・・。

しかしこの兵科に関する部分が曲者。
2のみに存在する「単位システム」というまさに学校的なシステムがあり、兵科をランクアップさせるにはミッションをクリアして単位を集める必要があるのですが、貰える単位はミッションごとに違う上にその戦闘に参加したユニットしか単位はもらえない為、とにかく集めるだけで一苦労なのです。
しかも一度なった事のある兵科は自由に変更可能!・・・ではなく、変えるたびに単位が要求されるので結構しんどいです・・・。
何より一つの兵科で出来ていた事が、細かく分かれてしまった事で不便になってしまった部分がどうしても目立ってしまうのがちょっと残念ですね・・・。

初代からのナンバリングタイトルとして見るとどうしても見劣りしてしまいますが、PSPから入ったという人にはかなりボリュームのある作品だと思います。
ちなみに私は、友人に勧められて始めてプレイしたのがこの戦ヴァル2です。

 

戦況を大きく変える新システムが追加!「戦場のヴァルキュリア3」

戦ヴァル3は2011年に発売。
ストーリーとしては初代の別視点となっております。
義勇軍・士官学生ときて、今作の主人公たちは懲罰部隊です。
割と楽しそうな懲罰部隊ですけど。

 

3は2の頃の単位は廃止。
2と同様に偵察・突撃・対戦車・支援・技甲をメイン兵科として、ストーリーを進めると機関銃・狙撃・剣甲の3つの兵科が追加されます。

機関銃は2の頃に突撃兵の派生兵科として登場しましたが、今回は単独で登場。
偵察兵並の迎撃範囲と突撃兵以上の対人火力を持つ為、攻めで使うよりも拠点に座らせて防衛に回す事で輝く兵科です。
ちなみに2の頃は突撃兵の派生兵科の為か迎撃範囲が狭めだったので、拠点防衛性能が結構違ってくるのでご注意を。

剣甲兵は耐久力が大幅に減少し、2の頃のような強引な戦術が取れなくなっています。
剣甲兵に限らず全体的に2に比べて防御力が下がってしまっているので、初代や2ほど強引な攻略が出来なくなっている点には注意です。
なお3では兵科を自由に選ぶ事が出来る為、射撃が得意なキャラを狙撃兵にする、逆に苦手なキャラには射撃が関係ない技甲兵や剣甲兵にする、という事も出来るのでキャラに合わせて変えていくといいかもしれないですね。

ただし各キャラには2つずつ得意兵科(ステータスにボーナスが付く)があるのでボーナス目当てで得意兵科にするのも当然アリです。

 

3では武器とは別に、防御や射撃等のステータスを上げる事が出来る「アクセサリー」という装備品が追加されたので、お気に入りのキャラの苦手な部分を補って使用する事が出来るようになっています。
得意兵科以外にした場合にはアクセサリーで補強するのもいいかもしれないですね。
・・・実はある装備品を使えば結局ゴリ押し出来るのはナイショ

 

更に戦闘時に3から追加された新システム「特殊化」を使用する事で一気に戦況をひっくり返す事が出来るようになっています。
特殊化を使用するには左上にあるSPという銀色のアイコンを一つ消費します。
SPはミッションごとに数に限りがあるのでここぞという時に使うようにしましょう。

特殊化の種類は全部で3つあり、基本的にはメインキャラの3人しか使用出来ません。
それぞれ

  • 直接指揮(クルト)・・・APが一定まで上昇&回復し、2人まで味方ユニットを連れて移動が出来る。
    位置取りをしっかりすれば攻撃時に援護射撃も可能。
    連れ歩いている味方のAPは関係なく、また迎撃などのダメージを受けなくなっているので、HPやAPが減っている味方ユニットの護送にも使える。
  • 武装開放(イムカ)・・・APが回復し、画面に写っている敵全てをロックオンし攻撃出来る。
    ただし威力などは装備している武器によって左右される為、装備中の武器によってはSP損になってしまうので注意が必要。
    また弾が放物線を描いて飛んでいくので、使用する場所によっては屋根や柱に当たってしまう事があるので、これも注意が必要。
  • ヴァルキュリア(リエラ)・・・遂に自分で操作できるようになったヴァルキュリア(初代は操作不可、2はそもそもヴァルキュリア状態での戦闘はイベントムービーのみ)。
    APが回復し行動中は一切ダメージを受けないので強行突破にはもってこい。
    ただし攻撃の威力は武装開放と同様装備している武器に左右される上、最大APは各兵科のもののままなので威力を確保する為に剣甲兵や対戦車兵にすると移動距離が短くなってしまうので、目的に合わせて変えるのが吉。
    ヴァルキュリアのみ、メインキャラ以外でもヴァルキュリア人であれば使用可能。
    リエラ以外はDLコンテンツやパスワードが必要なのでやり込みたい方向け。

という3種類になります。
()内は対応するメインキャラの名前です。
また特殊化の他にも2まで存在していた、行動開始時に必ず発動し対応するステータスを大幅に上げる事が出来る「極み」という種類のポテンシャルが削除されたりと、3は戦闘面の変更点が多いですね。

ちなみに3は2と比べるとSEが若干マシになっており、一つのエリアが広めのステージも追加されているので全体的に2の改良版のような印象ですね。
まあマップはほとんどが使いまわしなのがちょっと残念ですけど・・・

 

戦ヴァル3は、一部のDLコンテンツなどの要素を収録したベスト版とも言える「戦場のヴァルキュリア3 E2」が出ていますので、プレイしてみたい!という方はコチラを購入する事をオススメします!

 

まとめ

今回は戦場のヴァルキュリアの初代から3までをご紹介させていただきました。
戦ヴァルの魅力は伝わったでしょうか・・・?

次回は最新作の4とヴァルキュリアシリーズの他のゲームについてもご説明させていただきたいと思いますので、次回も是非ご覧ください!

The following two tabs change content below.
黒猫
ゼスト市原店・主に一般担当の黒猫です。
東方やボカロ,ポケモンやアトリエシリーズは私にどうぞ!
他にもアニメやTRPG(主にクトゥルフ)の話題もイケますので遠慮無くお声掛け下さい。
大体一般レジ付近で作業してますのでお気軽にどうぞ(≧ω≦)
【ゼスト市原店】
店舗住所:千葉県市原市君塚3-16-1
電話番号:0436-23-5580
営業時間:11:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ