title

まるで映画×斬新な演出!「The Last of Us」は死ぬまでに一回遊んどけ!ゲーム販売員も思わずハマる名作ゲーム①

ゼスト木更津店・伊藤です。

前回は「秋にちなんだゲーム」を紹介しましたが、今回は今までプレイしてきたゲームで面白かった、やり甲斐があったゲームを紹介していきます。

第一回目に紹介するタイトルは・・
「The Last of Us」(ラストオブアス)

一時期ものすごい騒がれたゲームなので、プレイ済みの方も多いかと思いますが、値段も落ち着いてきた事と、2が出るかも?と噂が出たりしていますので、こちらのタイトルを紹介します。

 

目次

  • 美麗なグラフィックと濃厚なストーリーは圧巻の「ラストオブアス」
  • ここすごポイント
  • プレイした感想

 

美麗なグラフィックと濃厚なストーリーは圧巻の「ラストオブアス」

2013年6月20日に、アンチャーテッドなどを世に出した「ノーティドッグ」より発売されました。
その発売から約1年後の2014年8月21日にPS4版としてHDリマスター版が発売されています。

ノーティードッグなら間違いなく神ゲーだろうと言われていましたが、キャラも生き物も実写ですと言われても遜色ないくらいの美麗なグラフィックと濃厚なストーリーでした。
実際ここまでの映像をゲームで出せるのかというくらいすごかったです。

おおまかなストーリーは以下のようなものです。

ある日謎の寄生菌によるパンデミックが発生し、荒廃した世界が舞台。
パンデミックの発生から20年後、主人公のジョエルはブラックマーケットでの取引をしながら生活していたが、武器取引を巡るトラブルに巻き込まれ、反乱軍(ファイアフライ)のリーダーから運び屋の仕事を頼まれる。
反乱軍のリーダーが指示した”荷”とは・・・「世界を救う鍵を握る少女」と14歳の少女、エリー。
エリーを受け渡すべく移動をし、反乱軍のアジトに行くも、反乱軍のメンバーは全滅、そしてジョエルは相棒をも失います。
エリーを届ける本来の目的地に向け、2人は広大なアメリカを旅していきます。その最中でお互い口喧嘩をしたり、助け合ったりしつつ信頼関係を築いていく・・。
しかし、行く先々で待ち構えるのはパンデミックによって誕生してしまった「感染者」の他、自信が生き残る為には手段を選ばない「略奪者」たちとの戦いが避けては通れない。中にはエリーを狙う輩も・・。
ジョエルとエリーの運命は・・・。

登場人物の声優には、ジョエル役として「山寺宏一」さん、エリー役として「潘めぐみ」さん(「ちはやふるの花野菫役」や、「俺物語の大和凛子役」など)が熱演してくれます。

後に山寺宏一さんはラストオブアスについてこう語っています。
”ゲームというより、映画のような作品のつもりで演じてほしい”とオファーがあり、”きっと歴史に残る作品になると思うので、迷っている方は是非プレイして欲しい”と。
実際にプレイした人の数、プレイした方のレビューを見ればその言葉に間違いが無かったことがわかると思います。

 

ここすごポイント

ラストオブアスには、他のゲームと違った「ココスゲェ!」なポイントがいくつかあるので挙げてみます。

 

AIがとにかく優秀

まず何よりもすごいのが「AIの有能さ」です。

ジョエルを操作している時にエリーは「ジョエルの行動を覚える」ということ。
自身のプレイスタイルがゲーム内のキャラの行動に影響を与えます。
これは敵にも言える事で、敵対者達も自らに有利になるような動きをする”バランス・オブ・パワー”と開発者が呼ぶAIシステムがあります。

敵同士でカバーしあいながらジョエルに襲い掛かってきたり、ジョエルが攻撃をされている様な「敵側にチャンス」と言える状況があると、そのチャンスを利用してきたり。
敵対者達もかならず同じ動きを取るわけではないので、その時々で状況が違う場面を戦い抜かないといけないのです。

 

プレイ中にLoadingが出ない仕様になっている

また、ゲームで時々イラッとする「いい場面でのLoading」。
これがありません。
ラストオブアスではゲームスタート時にゲームを読み込み、プレイ中にLoadingは出ません。
シームレスでマップ画面とムービーとを行き来し、ストレスほとんど感じる事無くプレイできます。

 

細やかなイベントを素通りしないように!

例えば街中で人が殺されるシーンがあったとします。
これを見ることも見ないこともプレイヤーが選択し、そのシーンがある場所を素通りしてしまえばそこで起きる事件はプレイヤーは知らないままです。
要所要所にもちろん必ず通らないといけないイベントはあります。
が、それ以外に細かに配置されているイベントは、プレイヤーが自ら見に行かなければわからない。
うっかり見逃す・・とかカメラに収まっていないところでイベントが起きていた・・・なんて事にならないように、しっかり散策&観察する必要があるのです。

 

難易度は割と簡単めだけどド派手な銃撃戦は無し

難易度の面では戦闘シーンは後半に難しい所はあるけれど、比較的簡単な部類だと思います。
アイテムが有限な為、主力武器となる「ナイフ」をきちんと使いこなせないと辛いかも。

またこのゲームは三人称視点(TPS)でプレイするゲームです。
重火器を使ったド派手な銃撃戦などはほとんどなく、ボウガンや弓を使って遠距離から撃ったり、貴重な材料を集めて作った「火炎瓶」などを使い敵を倒していきます。

また、所々に「謎解き」要素があるのですが、そういうのが苦手な方もいるからか、必ずと言っていいほど「ヒント」が出ています。
例えば木材を足場にして高いところを渡りたい。
その木材を探すのに「ここに木材がある!」というのではなく、木材の下にビニールシートを配置するなどの方法で「プレイヤーの目に入る」ように工夫されています。

 

やみくもに敵を倒すだけだと大変

プレイヤーに優しくあるように思えますが、意外と戦闘が大変です。
敵は「大きな音を立てればそれに反応し近づいてくる」ことや「仲間を呼ぶ」ことがあります。
レンガを投げ、落下地点に音をさせて注意をひき戦わずに回避することもできれば、物陰に隠れて近づいてくる敵をサイレントキルすることもできます。
そして先に話したように「エリーはそういった行動を覚えます」。
ただ敵を倒すというだけではなく、過程も重要になるわけです。

 

プレイした感想

「ラストオブアスはプレイする映画だ」ととある実況者が言っていましたが、たしかにその通り。
プレイヤーがジョエルとエリーを操作し、見たものが全てです。
カメラワークや、プレイヤーの行動、それらの演出をどう見せるか、どうプレイするかがプレイヤーの腕にかかってます。

プレイした人数の数だけストーリーがあると言われている作品です。
きっと「ゲームを始める」という最初の一歩を踏み出せればのめり込むこと間違い無しの作品です。

また、マルチプレイの出来がとてもいいです。
安定の海外の方の暴言や煽りをしてくる方もいますが、マイクをオフにしてしまえば関係ない。
可能なら是非プレイしてもらいたいものの1つです。

ただし!
ラストオブアスはCERO Zの作品になります。
18歳未満の方は購入することができません。
また、動画サイトなどではマルチ以外は配信してはいけない作品ですので、動画サイトのネタバレとかを見ないようにしてくださいね。

CERO Zということで暴力表現や描写がありますので、心臓の弱い方やゾンビなどのホラー要素が苦手な方はちょっと辛いかも(TдT)
というのも敵として出て来る「感染者」は見た目がグロいです。
感染度合いによって見た目はかわりますが、後期のものになればなるほど人としての形を留めておらず、暗闇で奇声を上げながら追いかけてくるようなシーンもあります。
そして戦い方次第ではその感染者を画面いっぱいに表示させてしまう事態も・・・。

プレイしなくても横で見ているだけで映画みたいな感覚は味わえると思います。
是非TPS(FPS)が上手い人やご家族と一緒にプレイしてみてください。

The following two tabs change content below.
伊藤哲也

伊藤哲也

ゲーム&コミック担当株式会社エイムアントレー
ゼスト木更津店でゲーム&コミックを主に担当しています。
生まれも育ちも木更津の人間で、地元愛でいっぱいです。
10年近くのTHE IDOLM@STERの高槻やよいの担当Pとして活動してます。
ですが、今までイベントやライブのチケットは当たったことがありません泣。
ゲームはオンライン、家庭用、アーケードなんでもやり幅広いジャンルで遊んでいます。ゲームのオススメなど質問あれば、是非お気軽にお声掛けください。
【ゼスト木更津店】
店舗住所:千葉県木更津市請西2-2-1
電話番号:0438-30-7771
営業時間:12:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ