title

原作を超えた?!ツッコミどころ満載&ド迫力アクションの「ストリートファイターⅡムービー」|ゲームやアニメの実写版を見よう①

ゼスト木更津店 伊藤です。こんにちわ!

ここ最近、ゲームやコミック、アニメ作品などを実写化した映画が増えていますね。
「進撃の巨人」「テラフォーマーズ」「四月は君の嘘」などのマンガや、「妖怪ウォッチ」「鉄拳」「コープスパーティー」などの有名ゲームが実写化されています。

コミックの人気作が実写化する一方で、意外と知られていないコミックを実写映画にしたものや、実写映画をゲームにした作品、実写にしたらツッ込むしかない作品など、迷作もいっぱいあります。
ここでは、こういったものの魅力を紹介しちゃいます。

今回は、「ストリートファイターⅡムービー」です。

51DM28NPAFL

はてさて・・・一体どんなびっくり箱なんでしょうね・・・。

 

目次

  • 実写映画を見る前に!見る際の心得
  • 違和感たっぷり!実写映画「ストリートファイターⅡムービー」
  • とはいえ、アクションは流石ヴァンダム!
  • おまけ アニメ映画「ストリートファイターⅡ MOVIE」
  • まとめ

 

実写映画を見る前に!見る際の心得

ゲームやアニメなどから入った人には「実写映画」や「アニメ映画化」などというと気になることの一つではないかと思います。
ただし、気を付けてほしい注意点がいくつかあります。

 

①:実写映画はゲームやコミックと同じストーリーとは限らない!

日本国内で流行ったゲームなどを海外で映画化などということもある為、ストーリーはかなり本来のものとは違う場合があります。
例えば、任天堂の大人気作品「スーパーマリオ」。
この作品は20数年前に実写映画化されていますが、愛くるしい人気キャラクターの「ヨッシー」。

実写版では・・・本当の恐竜です。
ジュラシックパークから飛び出してきたのではないかというくらい、あの緑の可愛らしさはありません・・。

その為、実写映画を見る時は「キャラクターの名前を使った別作品」として見ることをオススメします。
別作品として見たとしても、ストーリーが良いもの・キャラが立っている物も多く、十分楽しめます。

 

②:既に手に入りづらいものが多い!

大手通販サイトなどでもなかなか手に入らない(高額になったりしている)ものが多いです。
知る人ぞ知る名作(迷作)がある為か、もともと売れてる本数が少ないためか・・・。

買うと高額になってしまう場合もある為、気になった作品があったら、当店のような「中古DVD」を扱っているお店や、レンタル店などを利用しましょう♪
間違っても動画サイトなどで検索して本編を探してみる・・・というのはやっちゃダメです。
作品愛があるなら尚更です。
違法」ですから絶対ダメです。

作品に対して愛着があるから実写化されても見る!
しかし本編とは別物の可能性が・・。
試される作品に対する愛情。
難しいですね。

 

違和感たっぷり!実写映画「ストリートファイターⅡムービー」

さていよいよ、本日のお題「ストリートファイターⅡムービー」の魅力を紹介しちゃいます。
大人気格闘ゲームを題材にした「ストリートファイター」。
この後に「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」「ストリートファイター 暗殺拳」などが出ていますが、今回はジャン・クロード・ヴァンダムやカイリー・ミノーグなどが出ている作品を紹介いたします。

言わずと知れた大人気格闘ゲームでゲームをやっている人なら一度は触れたことがあるのではないでしょうか。
ストリートファイターシリーズといえば1987年から始まった大人気シリーズで累計3800万本以上を売り上げている作品です。
もちろんコミックや実写・アニメ映画など多方面に展開されています。

格闘ゲームの大会などでも必ずと言っていいほど目にする作品。
この映画版はどういうものなのかというと・・・安定の原作のストーリーとは違った展開です!

軍事国家シャドルーで活動していた医療団が、バイソン将軍に拉致される。
バイソンは連合軍の司令官ガイルへ巨額の身代金を要求し、払わない場合は人質全員を殺すと脅迫する。
脅しに屈しないガイルは、戒厳令を破って逮捕されたケンとリュウを使い一計を案ずる。
一方、バイソンは国連の兵士を使い恐るべき実験を行おうとしていた。

この短いあらすじでも、既にツッコミどころありますね~。

まず、ゲームをやっている方が違和感を感じる部分を挙げていきます。

 

主人公はジャン・クロード・ヴァンダム演じる「ガイル」

ゲームでのデッキブラシヘアーとはかけ離れた普通の髪型・・・
なんということでしょう・・・。

 

リュウとケンは格闘家ではあるが「詐欺師」

何も言うことが出来ません・・・。
えええ・・・。

 

名前がゲームとは違います

これは海外作品だからなんでしょうけれど・・・。

  • ゲーム版「ベガ」→「バイソン」
  • ゲーム版「バルログ」っぽいキャラ→「ベガ」
  • ゲーム版「バイソン」→「バルログ」

うん!
ごちゃごちゃ。

 

バルログが味方

シャドルーといえば四天王「バイソン」「バルログ」「サガット」「ベガ」ですが、この作品ではバルログ(バイソン)が味方側にいます。
その分なのか、ザンギエフ・ブランカ・ダルシム(博士)がシャドルーにいます。

しかも、シャドルーに属していないバルログは「エドモンド本田」の相棒です・・・。

 

オリジナルキャラ「キャプテンサワダ」の登場

誰だよアンタ!

 

春麗が設定より老けてる・・・?

これはちょっとしょんぼり事案です。

 

ストIIには出ないキャラがいる

タイトルはストリートファイターIIですが、「T・ホーク」などのスーパーストリートファイターのキャラも出てきます。

 

この他にもまだまだあるんですが、大きい所を紹介させていただきました。
是非間違い探しを本編見ながらやってみてください。

 

とはいえ、アクションは流石ヴァンダム!

ではこれだけ設定を変えてしまっている作品のどこに見所があるのでしょうか?
普通に考えたら面白い作品ではなさそうな気がしますよね。

でもアクションシーンがすごいんです。

すごいといっても本当にスゴイところとひどいところとが混じっています。
ガイル役の「ジャン=クロード・ヴァンダム」の動きがすごいです。
キレッキレ。
さすが元格闘家。
そして妻子持ちのクセに春麗にちょっかいを出す。

バイソン(ベガ)のサイコクラッシャーは・・・見たら悲しくなるワイヤーアクション。
ワイヤーが見えてしまっていて、別の意味で衝撃です。

バトルシーンは格闘ゲームさながらの格好良さがありますので是非楽しみにしてください。
また、キャミィ役のカイリー・ミノーグが若くものすごい美人さんですので、ここも注目。

キャラクターが好きで見てしまうと、色々と反発したくなる点も多いです。
リュウとケンは詐欺まがいの事をしていたり。
本来のゲームでの格好の良さからすると映画の設定はひどいです・・・。

しかし、本来のキャラの格好の良さを出すバトルシーンは注目。
リュウ対ベガ、サガット対ケン、エドモンド本田対ザンギエフ。
ゲーム本編でもドキドキするような対戦カードを実写でやってくれます。

その他注目していただきたいのは「キャプテンサワダ」です。

後に同作品がセガサターンとプレイステーションでゲーム化となった時に、キャプテンサワダは「カミカゼェ!」といいながら両手を上げて敵に体当たりする超必殺技がインパクト大でとても面白い。
ネタキャラかと思いきや、映画本編ではものすごいキレ者を演じていますし、格闘ゲームでも意外と強い。

ぜひぜひストリートファイター好きなら見てみてください。

 

おまけ!アニメ映画「ストリートファイターⅡ MOVIE」

もちろんアニメ版のストリートファイターも!
ストリートファイターZEROをプレイしていた方ならわかる、「ドラマティックバトル」のリュウ&ケンvsベガ。
当時これがものすごくかっこよく見えました。
学校帰りに友人と再現しようとしてやったのは懐かしい・・。

ケンの竜巻旋風脚が決まり、

そこにリュウが昇竜拳。

トドメにリュウとケンの2人同時の波動拳。

今思い出してもかっこいい。
これをアニメでやってくれて、「恋しさとせつなさと心強さと」が流れながらのラストバトルは注目です。

また声優さんも意外に豪華。

●リュウ・・・清水宏次朗さん。
ビーバップハイスクールなどで見たことある人多いでしょ?

●ケン・・・羽賀研二さん。
現代の誠意(征夷)大将軍。
ベガに洗脳されてしまうケンを演じています。

●春麗・・・藤谷美紀さん。
後に「るろうに剣心」の「神谷薫」役を演じたり、歌手としても有名な方。

どちらかというとアニメの声優さんではなく、ドラマや映画などで当時有名だった方をつかった感じでしょうか。
正直なところ、「棒読み」っぽく感じ得るシーンも多いですが、それを補って余りある演出でカバー。

おまけなので、ちょっと雑な紹介ですが、こちらも是非見てみて頂きたい作品です。

 

まとめ

実写版映画は最初に言ったように、「名前を借りた全くの別作品」として見ることがオススメです。
追加要素があったり、キャラクターの追加で人間関係が変化していたり、本来のストーリー通りにはできなくなってしまったというのもあるのでしょうから・・・。
しかし、それを補うほどのアクションや演出の良さやハマれる要素などがあったりするのも実写映画の良さです。

今回はストリートファイターIIをお題に紹介しましたが、今後機会を見つけてアニメやコミックなどの実写化作品なども紹介したいと思います。
是非是非、ゼスト木更津店のブログを今後ともよろしくお願い致します。

また、ゼスト木更津店ではゲームやホビー、DVDなどのお買取をさせていただいております。
ご不用な物がございましたら、是非当店にお売りください。
そのついでに「実写化作品」のDVDがあるか・・なんて見ていただけたら嬉しいです。

皆様のご来店お待ちしております。

The following two tabs change content below.
伊藤哲也

伊藤哲也

ゲーム&コミック担当株式会社エイムアントレー
ゼスト木更津店でゲーム&コミックを主に担当しています。
生まれも育ちも木更津の人間で、地元愛でいっぱいです。
10年近くのTHE IDOLM@STERの高槻やよいの担当Pとして活動してます。
ですが、今までイベントやライブのチケットは当たったことがありません泣。
ゲームはオンライン、家庭用、アーケードなんでもやり幅広いジャンルで遊んでいます。ゲームのオススメなど質問あれば、是非お気軽にお声掛けください。
【ゼスト木更津店】
店舗住所:千葉県木更津市請西2-2-1
電話番号:0438-30-7771
営業時間:12:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ