title

フィギュアのお手入れ時にタメになる!気になる「汚れ・ホコリ」を取る方法

まいどです。
ホビー担当の玉川です。

フィギュアを飾る際、ショーケースを持っていない殆どの方は「箱から開けてそのまま放置してホコリや汚れが付いてしまった」なんてことがあるのではないでしょうか。
実際にケースなどに入れずに放置していると思った以上に空気中のホコリや目に見えない汚れがついていってしまいます。

本日はフィギュアのお手入れPart2。気になる「ホコリ・汚れ」を取る方法を教えちゃいます。

 

目次

  • 「ホコリ」を取る際に用意するもの
  • 気になる「ホコリ」のとり方
  • 「汚れ」を取る際に用意するもの
  • 気になる「汚れ」のとり方
  • まとめ

 

「ホコリ」を取る際に用意するもの

生活していると思った以上に「ホコリ」がフィギュアに付着していきます。
気になるホコリをゴシゴシと取るとフィギュアが傷んでしまうカモ!?
なのでまずは事前準備です。
クリーニングに必要なものを用意しましょう。

 

用意するもの①:エアダスターorシリコンブロアー

KIMG1685

KIMG1687

 

用意するもの②:ハケ(絵の具の筆)

KIMG1688

 

気になる「ほこり」のとり方

上記を用意したらフィギュアの「ホコリ」を取っていきましょう。
シリコンブロアーというのはカメラのメンテナンス等に使われますが、某通販ショップさんでもお安く購入できます。
(500~1000円ぐらい)

フィギュアの「髪の毛」部分や「洋服のスキマ」にはハケなどの筆でなぞってホコリを取っていきます。

 

「汚れ」を取る際に用意するもの

上記をやってもきれいにならない場合、フィギュアを洗いましょう。
フィギュアによっては材質的に無理なものもあるので大丈夫かは判断が必要です。

 

用意するもの①:フィギュアが入る器

 

用意するもの②:ぬるめのお湯

 

用意するもの③:薄めた中性洗剤

 

用意するもの④:タオル(拭く用ではないので注意)

 

気になる「汚れ」のとり方

フィギュアが入る器にぬるめのお湯を入れ、薄めた中性洗剤で洗っていきます。
この際ぬるめのお湯を使用する理由は熱湯だとフィギュアが変質する可能性があるためです。
水より少しあたたかいぐらいが丁度いいです。

フィギュアを洗った後はタオルの上で水分を取りましょう。
この際拭かないように注意が必要です。
タオルで拭いていてしまうと髪や細かいパーツが引っかかりフィギュアを痛めてしまうことが多々あります。

水けが取れたらエアダスターなどで水分を飛ばすのもありです。
(基本は自然乾燥でOK)

 

注意点をあげるならコチラ

  • 歯ブラシなどの硬いものは厳禁
  • 熱湯ダメ絶対
  • ドライヤーも熱で変質のおそれあり

 

まとめ

フィギュアは飾っていると自然と汚れていきます。
こまめなお手入れをすることでフィギュアをキレイに保つのも大事ですね。

エアダスターはホームセンターなどでも簡単に手に入るのでお手入れも楽ちんです。

The following two tabs change content below.
玉川翼
ゼスト木更津店でホビー部門を担当しています。
得意部門は、アミューズ、ゲーム、アニメ、CD、ホビー、コミック、DVD!
「新作」から「旧作」まで「プライズ景品」に関する知識は全店"一"です!!
景品をGETされたお客様と次回入荷予定の景品に付いてお話したり、オススメの景品のお話もしています。
また、「パズドラ」を愛するソーシャルゲーマーでもあり、所持漫画はナント3000冊以上の「漫画」大好き人間でもあります♪
レンタルビデオ店で働いていた経験があるので洋画・邦画の知識にも自信有りです!!
オススメ商品をお探しの場合は、お気軽にお声をお掛けください。
【ゼスト木更津店】
店舗住所:千葉県木更津市請西2-2-1
電話番号:0438-30-7771
営業時間:12:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ