title

レトロゲームのお掃除術!映らない・動かないを解消したい方向け

ドーモ、松田=デス

ニコニコ動画やyoutubeでのゲーム実況が大盛況のこのご時勢。
実況者の華麗なゲームプレイを見て、そのゲームをやりたい!なんて事ってありますよね?
しかし、いざやろうと思って昔のゲーム機を引っ張りだして接続したら「映らない」「動かない」・・・!!!

そんな時は、思い切ってお掃除しちゃいましょう!
ということで本日は、そんなどうしようと思った時のために、「動かない時のチェックのしかた」と「カセットタイプのゲームソフトをお掃除する方法」を伝授したいと思います。

・・・ちなみに・・・理由も書きますが、とりあえずフーフーしちゃダメよ!!!

 

目次

  • まずは配線の確認をしよう!
  • 次にソフトをお掃除!・・・する前に、ホコリを飛ばす時に「フーフー」してはいけない理由
  • カセットタイプのゲームソフトの掃除の際に準備するもの
  • 端子部分をやさしくこするだけ!カセットのお掃除方法
  • 最後に、挿し方をもう一度確認してみよう!
  • まとめ

 

まずは配線の確認をしよう!

「映らない」「動かない」際に、一番ありがちな事として、配線関係のトラブルで動かないという事が挙げられます。

ACアダプター(本体とコンセントを繋ぐもの)を仕舞う時に、ぐるぐる巻きで保管したりしてませんか?
実は、巻いてしまうことで根元部分が少しずつ破損してしまい、最終的には配線が切れてしまうのです。
えぇ・・・。
大昔の自分は、がっつりぐるぐる巻きにして、4個くらい壊した記憶があります。
ACアダプターの線が切れていたら、アダプターそのものを取り替える必要があります。
遊びたいゲーム機本体にもよりますが、純正のものでなくても発売している可能性もありますし、中古で売っている場合もありますので、探して・・・みるしか・・・すみません汗。

同様に、AVケーブル(本体とTVを繋ぐもの)も確認しましょう!
こちらは滅多な事では破損することは無いので、念の為といった感じですが、線を揺らしてみて付いたり付かなかったりするようであれば、こちらも買いなおす必要があります。

 

次にソフトをお掃除!・・・する前に、ホコリを飛ばす時に「フーフー」してはいけない理由

とりあえず引っ張りだした本体にカセットを挿して、映らなかった時に万人がやる行動、「ホコリ飛ばし」。
カセットの端子部分に向けて「フッ」と息を掛けるこの行為。

「フーフー」という行為。これ、やっちゃダメですよ!

なぜなら、息を吹きかけた時に唾液などが飛んでしまいますので、端子が錆びてしまうんです。
どうしても空気を送り込みたい場合は、「エアダスター(ダストブロワー)」などで人工的な空気噴射によって飛ばすのが一番です。
しかし、こういうちょっと専門的なグッズは一般家庭にあまり無いですよね。

ですので、まずは次章で説明する、お掃除方法で清掃するようにしましょう。

・・・え?
フーフーしちゃった??
次章で紹介するグッズがあれば大丈夫ですよ~!

 

カセットタイプのゲームソフトの掃除の際に準備するもの

カセットのお掃除をする際、まず用意したいものは

  • 汚れを落とす溶剤
  • 汚れをふき取るめん棒

の2つだけ。
色々と専門的なものが必要・・・と思いがちですが、実はそうでもなかったり!

 

ます、汚れを落とす溶剤ですが、一般的にこのカテゴリに入ってくる清掃用の溶剤として、「レンズクリーナー液」や「レトロゲーム復活剤」などが挙げられます。

もちろんどこの中古ゲームショップでも取り扱ってますが、「いますぐやりたい!」と思った時に買いに行きづらいのが難点です。
そんな時に代用できるのが・・・

ジッポオイル」!!!

コンビニなどで簡単に手に入るので、たとえ深夜であろうが年末年始だろうがいつでも入手できます。

 

そして、もう一つの必要物資「綿棒」。
こちらは、何でもOKですよ。
強いて言うなら・・・粘着物の付いていない、コットンで出来たものじゃないとダメですよ~というくらいです。

 

端子部分をやさしくこするだけ!カセットのお掃除方法

それでは、お掃除をしていきましょう。
と言ってもさほど難しいものではありません。

「綿棒にオイルをつける」→「端子部分をやさしくこする」以上!閉廷!←

コレだけですみません・・・というくらい簡単ですね。
実際にやってみるとわかりますが、物凄い勢いで汚れが取れます。
キモイくらいに!

このジッポオイルは速乾性があり、水滴・唾液のように残らないのでサビを最小限に抑えてくれるスグレモノ。
なので、もし「息を吹きかけてしまった!」としても、このオイルを使って掃除してしまえばOKです!

汚れがこれ以上落ちない!って状態になったら、ソフトの準備は万端です!

 

最後に、挿し方をもう一度確認してみよう!

そしたらあとは、本体にカセットをぶっ挿してください!・・・と言いたいところですが、ここにもまた罠が隠されてます。

純正の本体(ファミコンで言えば任天堂製)の場合にはそこまで気にしなくとも良いのですが、いわゆる「互換機」と呼ばれる本体の場合、注意して挿入しないと本体自体があっさりとオダブツです。

カセットを差す時は、優しくゆっくり!でも気持ち奥に挿し込む!!!
これに尽きます!

後は、出来るだけソフトの両角を同時に押して入れるのはやめましょう。
まず片方を軽く入れ、逆側を少し入れ、また逆側を・・・ってな感じで少しずつ入れていくのがオススメです。

ファミコンソフト・64ソフトなどはここから更に「ちょっとだけ上に引っ張る」という裏ワザがあったりします。
それでもやはり一発で起動する事は珍しいので、必ず複数回試してくださいね。

ここまでやってもダメだったら・・・本体の故障や、カセットの故障を疑いましょう。

 

まとめ

純正本体の場合、ソフトの掃除が出来ていて、配線も問題なければ、基本的には映ります。
あわてず、一つずつ確認していってくださいね。

あと、補足としてあるとすると、互換機を使っている場合、対応していないゲームソフトが存在します。
こればかりはソフトごとに状況が違いますので、本体・ソフトを両方同時に買おうと考えているのであれば、買う前に少し調べてみると良いかもしれません。

The following two tabs change content below.
松田直之

松田直之

ゲーム・アニメ・コミック・DVD・アダルト買取査定のプロ株式会社エイムアントレー
ゼスト木更津店・店長の松田です。
音ゲーや格闘ゲーム、アクションゲームなどを嗜んでおります。
生活の一部に組み込まれているものとして、提督業(艦隊これくしょん)も営んでおります。
基本的にはゲームのアレコレを発信してます。
宜しくお願いします。
【ゼスト木更津店】
店舗住所:千葉県木更津市請西2-2-1
電話番号:0438-30-7771
営業時間:12:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ