title

物語シリーズで西尾維新にハマった人にオススメ!コミカライズ版「少女不十分」レビュー

はい、皆さんおはようございます。
コミック担当でございます。

人によっては色々な願望がありますよね。
私はいつか、女体化した武将や擬人化した娘たちと一緒に過ごしたいです。

今日、紹介するコミックはですね。
拉致監禁の話になりますのでちょっとそういった願望がある人向けでしょうか?

と言いましても、実際にはしてもされても犯罪なので駄目ですからねッ?!

なので気分を味わってくださいということで、このタイトルに決めました。

「少女不十分」コミック版

8月に2巻が刊行されましたが早くも3巻を読みたい!そんな気分になっています。
少しだけ作品の紹介をしながら魅力を語れたらいいなぁと思いますのでお付き合いくださいませ♪

 

物語シリーズで西尾維新にハマった人にオススメ!コミカライズ版「少女不十分」レビュー

  • 基本スペック
  • あらすじ
  • 見どころ①少女Uの拉致監禁までの行動力の高さは異常
  • 見どころ②少女Uの魅力
  • まとめ

 

基本スペック

  • 原作:西尾維新先生
  • 漫画:はっとりみつる先生

西尾先生とはっとり先生のタッグです♪

そして、少女不十分コミック版は現在2巻まで発売され、今冬に最新の3巻が発売予定なのです!

  • 第1巻:2016 5月6日発売
  • 第2巻:2016 8月5日発売
  • 第3巻:2016年 冬発売予定

 

あらすじ

登場人物は、主にこの二人。

主人公:作家志望の大学生
少女U: 事件なので名前は主人公によって非公開 小学4年生

主人公はどこにでもいる普通の大学生。
作家志望の彼は小さい頃から作文が得意。
ただし、コミュニケーション能力の低い彼は何社かの編集者に会っても良い返事はもらえませんでした。
そんな主人公が作家になれたのはあの出来事、あの少女に出会ったからだ、と。
ある日主人公が交差点で信号待ちをしていると目の前には2人の少女がいた。
横断歩道を渡ろうとすると、少女達にトラックが突っ込みます。
もちろん、2人とも即死かと思われていましたが1人はゲームをしながら平然と横断歩道を渡っていたのです。
その少女は振り返ると何事もなかったかのようにゲームに目を置き、なんと、ゲームのデータをセーブしてから、まるで演技するかのように大声で友達の名を呼びながら駆け寄っていきました。
主人公の方を向きじっと見つめながら。それが少女Uとの出会いなのです。

↑のシーンは主人公と同じくゾッとし印象に残っている場面です。

 

見どころ①少女Uの拉致監禁までの行動力の高さは異常

あの事件から何日も家にいた主人公は、大学に行く為に自転車に乗り向かいます。
自転車に乗りながら事故があったあの場所を通るのですが、そのときに少女のことも思いだします。

事故のことを思い出すのを嫌った主人公は大学までの道のりを変更しようと思ったのですが、その瞬間、自転車から落ちるのでした。
自転車の車輪にはなぜか「4-1」と書かれたリコーダーが刺さっているのです。
何者かが突き刺したと思われるリコーダーですが普通は危険なので実行はしませんよね;

不安に思いながらも主人公は家に帰るのですが、今度は自宅のカギがなくなってる!
泣く泣く業者を呼びカギを付け替えてもらうのです。
主人公は楽観的にこのことは小説のネタになるなぁと思いながら、ワープロの電源を付けると足に痛みが走り、下を覗いてみると・・・刃物がささっていました。

そこには少女Uが座っていたのです。

そう、このシーンです。
こんなのに出くわしたら例えロリ少女でもびびりますよ!!
少女Uは主人公が自転車から落ちた隙にカギを奪ってすでに待機していたのです。
少女Uは”本当の自分”を知られたからと話し、主人公を拉致監禁することに決めたのでした。
あの事故の日から。

大学生の主人公が小学4年生の少女Uに1週間拉致される物語。
彼と少女の不十分な関係が幕を開けたのです。
これは物語ではありません。
事件であり、出来事です。

 

見どころ②少女Uの魅力

個人的な感想となりますが、少女Uが常にジト目なとこがすごくキュンとしてしまいます。
単に、私がそういうのが好きだからというだけなのかもしれませんが・・・。

さらには監禁するぐらいだから常識ないのかなぁと一瞬思ったりもしますが・・・ってないよね。

第2巻で実は挨拶にすごく執着心があったりとします。
主人公が言ったことは素直に聞いたり、書ききれないことはわざわざノートに書き写したりとか意外な一面もあります。
さらにはドジッ子だったり・・。
そこは小学生だなぁと感じました。

 

まとめ

第1巻の内容と少女不十分の魅力を少しだけ書かせていただきました。
もちろん第2巻が発売されていますので舞台は少女Uの家へと変わります。

さらに第3巻には主人公と少女Uのお風呂シーンが描かれます!やったー!お色気シーンくるか?!
と、はしゃぎましたが私はロリコンではありません。

西尾維新先生が小説のキャッチコピーに「この本を書くのに、10年かかった」としていますが是非、その言葉の意味を小説、コミック読んで味わってください♪

拉致監禁は犯罪になりますので絶対、ぜーったいに実行しないでくださいね!

The following two tabs change content below.
中山学
ゼスト大宮宮原店でコミック部門を担当しております!
休日は家から一歩も外に出ないぐらいまたは6時間以上はプレイするぐらいオンラインゲーム好きで光の戦士の仕事してました!(休職中)
気になるキャラクターがいたらすぐに調べて原作を購入しキャラ研究をする変な癖があります。
その他にもアニメやゲーム、声優さんが好きです。
大宮宮原店お越しの際、不明な点がございましたらお気軽にお声をおかけください。
【ゼスト大宮宮原店】
店舗住所:埼玉県さいたま市北区奈良町51-4
電話番号:048-664-4949
営業時間:12:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ