title

初心者でも勝てる!格闘ゲームで勝つために押さえたいポイント5つ

こんばんわ、ゼスト相模原店です。
先月にKOF14を購入してから時間ができたらずっとネット対戦してます。
今が一番人生で楽しい気がする(気のせい

さて、自分は格闘ゲーム大好き人間なのですが、上手いかと言われればそんなことはなく、初心者と中級者のボーダーラインぐらいじゃないかなと勝手に思ってます。
そんな自分でも、対戦してて「ここを気をつければもっと良くなるのに」と思うことがしばしば。
逆に、ポイントさえ掴んでしまえば、格ゲー初心者でも勝てちゃったりする可能性がググッとアップするんです。

そこで、今回はそんな格闘ゲームで勝つために押さえておきたいポイントをいくつか紹介しますね。

 

目次

  • 格ゲーで勝つためのポイント①:むやみにジャンプはするべからず!
  • 格ゲーで勝つためのポイント②:手数が増えてしまうコンボをするべからず!
  • 格ゲーで勝つためのポイント③:ちゃんとガードをするべし!
  • 格ゲーで勝つためのポイント④:やみくもに諦めたり、捨てゲーするべからず!
  • 格ゲーで勝つためのポイント⑤:好きなキャラでなく、自分の戦法に合ったキャラを選ぶべし!
  • まとめ

 

格ゲーで勝つためのポイント①:むやみにジャンプはするべからず!

ゲームにもよりますけど、連続技の始動って相手が地上にいるときに当たるより、空中で当たる方が被害が少ないことが多いんです。
なのに、ジャンプからの攻撃が相手に当たると大ダメージに繋げられる。
そりゃ皆ジャンプしますわ!!!

でも、ここで思い返してみてください。
ジャンプをしっかりと対空技で落としてきたりする相手にはキツイと感じるはずです。

確かにジャンプは強い行動ですが、それだけでは対処されてしまうので、あんまりぴょんぴょん飛ぶのはやめましょう。

 

格ゲーで勝つためのポイント②:手数が増えてしまうコンボをするべからず!

相手に攻撃をあてて大ダメージを与えるチャンスなのに、投げで終わってしまったり、コンボをやってはいるけど全然減っていない。
こうなってくると相手を倒すための手数が増えてしまうので安定しなくなります。

5回コンボ当てないと倒せないのと、2回で倒せてしまうのだと勝率段違いですw

 

格ゲーで勝つためのポイント③:ちゃんとガードをするべし!

コンボを覚えたばかりの人にありがちなのですが、与えてくるダメージは確かに大きいのに、こっちの攻撃を守ろうとしない人が時々います。

相手の攻撃を全部防ぐのなんて無理な話なのですが、出来るうる限り食らわなくても良いダメージは食らわないようにしましょう。

 

格ゲーで勝つためのポイント④:やみくもに諦めたり、捨てゲーするべからず!

世界的に有名な格闘ゲームのスト2などではよく見る光景なのですが、しゃがみガードしながら飛び道具を打って、相手が嫌がってジャンプしてきたら落とす。
そういった戦法などに対処できず、試合を諦めたりする人もいます。
トレモでは再現できない素晴らしい状況です。

考えながらどうしたら突破できるか動いたほうがお得ですよ。
今回は負けたとしても、その対処法が次に役立てば勝てるかもしれません。

 

格ゲーで勝つためのポイント⑤:好きなキャラでなく、自分の戦法に合ったキャラを選ぶべし!

いや、怒らないで聞いてくださいね。
「あなたの使っているキャラは弱いので変えましょう」って話ではないです。

好きなキャラ使って遊べばいいと思いますし、否定もしないですw
ですが、対戦に勝ちたいとなったら一度冷静に考えてみましょう。

自分が明らかに攻め気質で、ガンガンせめてコンボして相手倒したいってタイプだったとします。
それなのに、見た目が好みだからと、防御寄りな性能のキャラを使っても、自分の戦闘スタイルに合わず、良さが出せません。

自分の得意な戦法はなんなのか、合っているキャラは誰なのかをよく考えた方が勝率もあがりますよー。

 

まとめ

topic-04089-d

結論から言うと、自分に合ったキャラを選んでコンボ練習して実践するしかないんですよねw
一番重要なのは負けた試合で「なんで負けたのか」を冷静に考えられることです。

ちなみに自分はKOF14で真ん中のナコルル使い始めたら勝率跳ね上がりましたw
弱い要素が一つもない…思考停止でも勝ちたい人はこういったぶっ壊れキャラを使ってみるのもいいかもですw
いつかは壁にぶち当たって結局「何故?」を考えることになると思いますが。

ではではー

sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ