title

【VAPE(ベイプ)初心者向け】初心者におすすめ!eGo AIOとPockeXの比較

こんにちは!
最近机の回りがリキッドやら巻き途中のコイルやらが散乱して、ちょっとした実験室のようになっている村上です。
電子タバコも担当しています。

今回は初心者向けの入門機「Joyetech/eGo AIO(ジョイテック・イーゴエアイオー)」と「aspire/PockeX(アスパイア・ポケックス)」を比較してみたいと思います。
どちらも初心者にはおすすめですが、それぞれの利点・難点を比較して、ご購入時の参考にしていただければと思います。

 

目次

  • 「eGO AIO」と「PockeX」の内容物の違い
  • 「eGO AIO」と「PockeX」の本体の比較
  • 「eGO AIO」と「PockeX」のそれぞれの特徴
  • まとめ

 

「eGO AIO」と「PockeX」の内容物の違い

内容物の違いで一番大きいところは、「eGO AIO」には予備のドリップチップが付いている、ということ。
コイルはどちらも2つ付いていますが、「PockeX」は最初からアトマイザーキャップに1つ取り付けられています。

 

「eGO AIO」と「PockeX」の本体の比較

「eGo AIO」の方が若干ほっそりしていますが、バッテリー容量はどちらも1500mAhです。

「eGo AIO」の場合、2色カラーはリキッドのMAXラインが書かれていませんが、「PockeX」は単色のみなので、全てMAXラインが書かれています。

 

「eGO AIO」と「PockeX」のそれぞれの特徴

eGo AIOの利点・難点

利点

  1. アトマイザーキャップにチャイルドロックが付いている
  2. エアフローが付いているので、ある程度煙の量が調整できる

  3. バッテリーライトが変更できる(計7色)
  4. ドリップチップの交換が可能
    ※一般的なドリップチップ(510規格のもの)なら交換可能です

難点

  1. アトマイザーキャップしか外せないので、洗浄が若干面倒
  2. アトマイザータンクのガラスが破損した場合は、本体ごと買い替えが必要

 

PockeXの利点・難点

利点

  1. アトマイザータンクが分解できるので、リキッドを変える際に前の味が残りにくい
  2. アトマイザータンクのガラスが破損しても、タンクのみ交換することが可能
    ※通販などでは、タンクのみでも販売しているところがあります
  3. 余計な機能が付いていないので、非常に使いやすい

難点

  1. エアフローの調整ができない
  2. ドリップチップが交換できない

 

まとめ

いかがでしょうか?

どちらも入門機としては優れていますが、個人的には「PockeX」の方がより初心者向けで良いのではないかと思います。
(多分、リキッドの味も「PockeX」の方が良いかと思います)
デザイン・機能で選ぶなら「eGo AIO」、使いやすさなら「PockeX」といった所でしょうか。
(ちなみに「eGo AIO」は新色を入荷しましたので、カラーバリエーションが豊富です)

ご購入時の参考になれば幸いです。

 

また、使い方については下のリンクにて、詳しくまとめました!
併せてぜひご確認ください。

The following two tabs change content below.
村上肇
ゼスト草加店・アニメ担当の村上です。
長い間アニメ部門(DVD・PCゲーム・同人)を見ていましたので、取り扱い商品の中では一番詳しいです。
特にアニメCD・DVDはかなり商品知識がありますので、遠慮なくお問合せください!
【ゼスト草加店】
店舗住所:埼玉県草加市弁天5-1-1
 産業道路沿い 隣にコンビニ「サンクス」さん、弁天郵便局があります
電話番号:048-930-0550
営業時間:平日・祝日 14:00~25:00
 土曜・日曜 11:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ