title
thumb

金属の質感と小さなサイズ感がイイ!世界最小クラスのMOD「ARTERY Nugget BOX MOD」

公開日: : 最終更新日:2017/05/15 VAPE(電子タバコ), ゼスト大和店スタッフブログ, 特にオススメ

こんにちは!
ゼスト大和店VAPE担当です。
みなさんVAPE吸ってますか!

突然ですが、日頃VAPEを使っていてこんな問題を抱えていたりしてませんか?

  • BOX型のMODってカッコいいけど案外ゴツくって外出時に持って行きづらい!
  • 外や喫煙所でVAPEを使用する時にMODが目立ってじろじろ見られる!
  • すでに1台持っているけど、人と違う面白い物を持ち歩きたい!

そんな方たちに朗報です!
先日ゼスト大和店に入荷しました世界最小クラスのBOX MOD【ARTERY~アーテリー社】のNugget BoxMod!
こちらが、小さくて見た目も良くて最高なんです!!!
今回はこちらを紹介します!

 

目次

  • 「Nugget BoxMod」スペック
  • 使ってみた
  • まとめ&総評
  • おわりに

 

「Nugget BoxMod」スペック

それではまずはスペックから紹介します。

 

見た目・デザイン

サイズは55.0㎜×31.0㎜×22.0㎜で材質はステンレススチール。
見た目よりも重量はありますね。
金属の塊って印象です。

一般的な成人男性の手のサイズならすっぽり隠れる感じです。

アトマイザーとの接続部は一般的な510スレッド接続です。

そして側面にはパフスイッチ、プラスマイナスのスイッチがあります。
小さいけどしっかり押せるスイッチです、かたくは無いですが押し応えはあります。

同じように側面にある画面表示ですが意外に大きくて見やすいサイズになっています。
ただ、他のメーカーと比較すると若干、輝度(きど:明るさを示す度合い)が低いので屋外では少し見えにくいかも。

底の部分は製品表示のマークとバッテリーの安全の為のベントホールがあります。
裏側の部分にはARTERYのメーカーロゴと充電用のマイクロUSBの差し込み口、インジケータランプの穴があります。
バッテリーの充電は付属のUSBコードをこの部分に差し込んで行います。

 

バッテリー

次にバッテリーですが、内蔵型1000mAhのバッテリーを使用しています。
joyteckの「eGoAIO」のBOX型で2100mAh、ペン型で1500mAh、よくある18650のもので2400~2600mAh位なので、それらと比較してしまうとバッテリーのアンペア数が少ないですね・・・。
バッテリーのスタミナが心配ですが、今回のNuggetの場合は、とにかく「小さい」ということに特化したMODなので、やはりバッテリー容量が犠牲になるのは致し方ないところですね。

バッテリー容量を犠牲にしましたが、その代わりがこの世界最小クラスのサイズとカワイイ見た目なんで全然問題ないでしょう。
充電は出先のPCとか使用したりすれば大丈夫そうですし、高出力で吸い続けなければ1日楽しめるんじゃないですかね。

 

充電時に注意したいこと

充電する際の注意点なんですが、絶対にパススルーでの使用(USBポートに挿したまま使用すること)や2アンペア以上の急速充電器は(制御機能がかかっているとはいえ)避けた方が良いでしょう。
やはりパススルーで使用できると言っても、結局はバッテリーに負担がかかる行為には間違いないですからね。。。

そして充電に関して言うと諸説ありますが、メーカー側が推奨してる方法以外での充電となると、ほぼほぼ自己責任ということです。
それに最悪事故に繋がることもあるので、充電の際の供給元のアンペア数は把握して安全に充電を行ってくださいね。

ちなみに、一般的にPCのUSBポートでしたら大体0.5アンペア、通常の家庭用コンセントからの供給でしたら1.0アンペア近辺なのでそちらを強く推奨します。
ここらへんの話題に関しては後日改めて詳しくブログで紹介していきたいと思います。

 

出力モード

次に出力モードの説明をしていきます。
出力モードは全部で4種類です。

 

①ボルト固定モード(画面表記はVM=ボルテージモード)
電圧(ボルト)を規定の範囲内で自由に調整することができるモード。
ミストの量が欲しい時はボルト数を上げたり、逆にボルト数を下げるとリキッドの味が濃くなったりします。

②ワット固定モード(画面表記はPW=パワーモード)
アトマイザーに流れる電力(ワット)を任意で固定し使用しているコイルの抵抗値を自動計測してベストの電圧を自動算出してくれるモード。
低抵抗値のコイルの場合はこちらの方が細かい調整がきくので使いやすいかと思います。

③TC Tiモード(モード表記はTCTi=温度管理Tiモード)
チタンコイル専用の温度管理モード。

④TC Niモード(モード表記はTMNi=温度管理Ni200モード)
ニッケルコイル専用の温度管理モード。

 

このサイズで温度管理モードがついてるのには驚きですよね!
クリアロマイザーとRBAの両方のユーザーが楽しめる汎用性の高さも魅力です。

 

使ってみた

パターン①:クリアロからMicroGDCで使用

まずは手持ちのクリアロからMicroGDCをのっけてみました。

見た目、長いっすね。。。
MTL用の長いドリチを付けているので本体とアトマイザーがほぼ1:1のサイズに見えます。

当然ですが、動作の方も特に問題なく普通に吸えます。
MicroGDCの場合コイルが1.5Ωなのでだいたい15W近辺での運用です。

 

パターン②:クリアロからCLEAT EXOで使用

つぎはCLEATをのっけてみました。
ちなみに最近出た「CLEAT EXO」は当店でも絶賛販売中です。

やっぱり本体とアトマイザーが1:1ですね。
手で握り込んだらちょうどアトマイザーの先端部分だけひょっこり顔を出すのでステルス性は高そうです。

CLEATの場合、今回はコイルが0.4Ωなので推奨値の40~50W近辺での運用です。
つーかたぶんCLEATのっけて使ったらリキッドとバッテリーの減るのが速いだろうな。。。。。
たぶん1日持たないのであまりオススメしないです。

 

パターン③:クリアロからフリークショーで使用

たまたまそばに転がっていたフリークショーをのっけてみました。
なんか見た目がコミカルでいいっすね。。。
金属の塊感が最高です。

 

パターン④:クリアロからガーディアンタンクで使用

最後はコレです。
ガーディアンタンクをのっけてみました。
いろいろと組み合わせてみましたが、個人的にはコレが一番気に入ってます。

コイルがMTL用の1.5Ωでドリップチップも付属のMTL用の細長いタイプの味重視の物で。
最近はコレにDIAMOND CUTのタバコリキッドを入れて持ち歩き、15Wくらいでじわ~っと吸っています。

使い始めて2ヶ月くらいですが、今のところ充電は2日に1回のペースで問題ないです。
100均とかで売ってるデジカメケースに入れて腰から下げてますがサイズ的に小さいので快適です!

 

まとめ&総評

今回ご紹介したNUGGETですが、実際に使ってみた感想は。。。
大満足でした!

なにがイイってまずはサイズ感!
そして見た目!!
金属の質感!!!
バッテリーの容量に不安はありましたが普段使いのサブ機にちょうど良かったです!

オススメのアトマイザーは爆煙系よりも味重視系のGDCとかノーチラス系の低出力でじんわり味を楽しむものがイイと思います。
見た目的には頭の小さいRDA、例えばMAZEとかHADALYとかフリークショーミニなんかと合わせてもイイですよね!

在庫僅少なので店頭で見かけたらすぐに購入することをオススメします!
ちなみにゼスト大和店では在庫残りあとわずかです!!!

 

おわりに

ゼスト大和店では定番の国産リキッドをはじめUSリキッドやアジアのリキッドなど様々なリキッドをご用意してご来店をお待ちしています。
特に今までVAPEの文化に触れた事のない方でも、当店スタッフが安全に楽しくVAPEを使ってもらえるようお手伝いしますのでご安心ください。

これからどんどん気温も上がってきますので、天気のいい日には野外でVAPEなんて気持ちイイですよね。
担当はビール片手にVAPEを楽しむのが至福の時間です。
それでは今日はこの辺で!

The following two tabs change content below.
ゼスト大和店

ゼスト大和店

ゼスト大和店は、神奈川県大和市の東名高速沿いで、TVゲーム・DVD・アニメ・フィギュアの新品・中古販売、買取をするアキバ系エンタメショップ!
県内最強!ゼストグループ全店の中でもディープな空間に随一の商品量です!
ゲーム・DVD・アニメ・ホビー・フィギュアやアニメCD・雑誌・雑貨・ジョークグッズ・成人向商品など遊べるモノをいろいろ取り揃える当店をお楽しみください!
【ゼスト大和店】
店舗住所:神奈川県大和市深見東3-5-2
電話番号:046-265-6820
営業時間:1階 12:00~26:00
2階ホビー館 15:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ