title

SPMを超える新ブランド誕生?「LPMフィギュア 鹿島改」の開封&レビュー

おはようございまーす。
艦これっぽいソシャゲ「アズールレーン」が気になってるホビー担当です。

またもやUFOキャッチャープライズフィギュアの新ブランドが誕生しましたね!
コレがまた、SPMに負けず劣らずというか、良いというか・・・!という胸アツ状態で、オラワクワクすっぞ!状態です。

なので早速、その中から、「艦隊これくしょん LPMフィギュア~鹿島改~(かしま かい)一二○○(ヒトフタマルマル)」を開封&レビューしていきたいと思います。

 

目次

  • SPMを超えるクオリティ!?バンプレストが贈る新ブランド「LPM」フィギュア
  • 色んな角度から見る!「LPM鹿島改」開封の儀&レビュー
  • 【おまけ】まだまだあるぞ!鹿島フィギュアのラインナップ紹介(画像あり)
  • まとめ

 

SPMを超えるクオリティ!?バンプレストが贈る新ブランド「LPM」フィギュア

前回「EXQ」の双葉杏をご紹介しましたが、今回更に新ブランドが登場しました。
その名も「LPM」リミテッドプレミアムです!

バンプレストさんのHPに飛べば詳細が記載されていますが、

輝く魅力、限られた存在 フィギュアの魅力を表現する為に必要なものは何か?その答えは一つ、それが「リミテッドプレミアム」

という事らしいです。

限定ならワンフェス会場のみとかでは?と、ちらっと思いますけどねぇハハハ。

 

色んな角度から見る!「LPM鹿島改」開封の儀&レビュー

まずは外箱。
デザイン、サイズ共にSPMとなんら変わりません。
ロゴが「LPM」なだけです。

 

それでは開封していきましょう。

前面に空間があり重心が後ろに集中してますね。
これを知っておくとUFOキャッチャーで取り方も変わってくるのではなかろうか。

 

ではでは中身を取り出してみましょう。

………。
ビニールに包まれた鹿島(ごくり。
足元部分をセロハンテープで縛るとか狙っているのかと。

 

内容物一覧です。

上半身と下半身は分割されているタイプではないようですね。
腰回りに継ぎ目がないのは素晴らしい。
アレ意外と気になるんですよね。

パーツは全部で6種類。
①本体、②台座、③右手、④左手、⑤コーヒーカップ、⑥サンドイッチ
この6つですね。

 

トレイには凹凸がないので、コーヒーカップとサンドイッチを置くだけで固定は出来ないようです。

正面全体をパシャリ。

台座に片足だけ固定するので、夏場はしなってきそうなのがちょっと怖いですね。
でもクリアパーツで左足のヒザ部分支えられても見栄え悪いですし難しいところ。

しっかし等身、鹿島っぱい、腰のくびれ、ヒップラインから太もも、かかとに至るまで黄金比過ぎませんかねこの娘…。
流石は提督の練巡艦(意味新

ちなみにウチの鹿島は98なんでケッコンまであと少し!

 

左横からパシャリ。

ここが浜辺なら鹿島「うふふ、鹿島を捕まえて下さいね て・い・と・く?」的な…的なぁぁああ!!
いや冷静に考えて浜辺でトレイにコーヒーとサンドイッチ持って走る鹿島と提督の図ってどうだろうか…香取パイセンに冷ややかな目で呆れられたい。

 

後ろ側からパシャリ。

鹿島の可愛いツインテロールが良く見えます。
コロネ巻きっていうだけあって鹿島コロネ食べたいです。
腰のくびれ部分のシワがナイス表現ですね。

 

右側からパシャリ。

提督の元に届けようとしていたら突然後ろから香取パイセンに呼ばれて振り返ったような構図。
この後前方にいた提督にぶつかってお決まりのパティーンですね、分かります。

 

バストアップをパシャリ。

鹿島のたまごサンド食べたい…鹿島のたまご…孫…げふん。
アイプリや塗装は問題ないかなーと思います。

強いて言えば、コロネ部分に若干継ぎ目が残ってますけど、プライズフィギュアにそこまで求めるものでも無いでしょう。
アルタークラスがこれだったら大問題ですけど(笑

 

鹿島の太ももパシャリ。

やはり鹿島と言えば太ももだと思うんですよ。
このライン、絶妙な太さ…パーフェクトだ、鹿島。太ももの価値はプライスレスなので、この為にゲットすべきと言っても過言ではありませんね。えぇ。

 

【おまけ】まだまだあるぞ!鹿島フィギュアのラインナップ紹介(画像あり)

今回は、LPMのフィギュアをご紹介しましたが、他にも鹿島のプライズフィギュアはたくさんあります。
なので、他のフィギュアも見ていきましょう!

 

タイトープライズ「鹿島 教育中」フィギュア

ちょっと幼い感じの鹿島。
基本のポージングでフィギュア化。
一緒に飾りたいですね。

 

ホビージャパン,AMAKUNI「鹿島」1/7フィギュア

おそらくこれこそアルティメット鹿島。鹿島フィギュアの完成形。市販品とプライズ品の差が良く分かる圧倒的鹿島。

 

ねんどろいどNo.656「鹿島」フィギュア

デフォルメ化されても分かる鹿島っぱい。
提督を殺す鹿島。
鹿島ベースで色んな作品のボディと交換して鹿島ランドを建設しよう。

 

figma No.317「鹿島」フィギュア

可動するので好きなポージングを再現出来る夢のような鹿島。
毎日ポージング変えて鹿島と過ごそう。

RAH(リアルアクションヒーローズ)とかで発売したらどエロ…どエライ事になりそうですね。
買います。

 

まとめ

新ブランドとして「LPM」(リミテッドプレミアム)が登場しましたが、そのクオリティはぶっちゃけSPMと大差ないかと思います。
どちらかと言うとフィギュア化するキャラクターを厳選してリミテッドとして世に送り出したい!というのが強いと思います。
つまり今後「LPM」として登場するキャラは超人気か、他のブランドがフィギュア化していないニッチな部分を狙ったキャラがラインナップされると予想。
相場としてもSPMとそこまでの差はありませんし、プライズフィギュアの初期相場はクオリティよりもキャラクターによるところが大きいです。

今回の「LPM 鹿島改」は相場が下がり過ぎず、しばらくしても大体1500円~2000円辺りを上下するんじゃないかと。
なにはともあれ今後のラインナップ発表に期待ですね。「EXQ」といいクオリティ重視のプライズフィギュアが増えるのは大歓迎ですし!!

それでは本日はこの辺で。
ここまで読んでくださってありがとうございました!

sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ