title

今から予習!2018年秋アニメの原作コミックおすすめ3選!

こんにちわ、こんばんわ。
ドーモ、ゼスト習志野店コミック担当の人です。
コミックはあまり読みません。

・・・はい。
スタッフにグラブルをすすめられて早3ヶ月。
やっとこさ島マグナをソロ攻略できるようになりました。
隣で、私の出せる最大ダメージの数倍以上をポコジャかと叩き出されて凹みそうですが、今日も元気に働こうと思います。

さて。
今回はタイトルにあるとおり、10月より放送予定の秋アニメの原作コミックより、私が実際に読んで面白いと感じた作品をご紹介しようと思います!
サクッといきます。サクッと。

 

目次

  • 狡猾なゴブリンたちと、復讐の鬼と化した主人公の物語『ゴブリンスレイヤー』
  • 食事の喜び、感謝の気持ちを思い出せる優しい世界『異世界居酒屋「のぶ」』
  • バトル×グルメ×コメディ等々、あらゆるジャンルを昇華した傑作『ゴールデンカムイ』

 

狡猾なゴブリンたちと、復讐の鬼と化した主人公の物語『ゴブリンスレイヤー』

ゴブリンに故郷を滅ぼされ、家族を殺された主人公・ゴブリンスレイヤーの終わりの見えない復讐劇です。

雑魚キャラというイメージが定着したゴブリンに焦点を当て、その生態を深く掘り下げている作品になります。
モンスターに焦点をあてた作品は今でこそ増えてきたジャンルになりますが、『ゴブリンスレイヤー』はその流行りのさきがけとなった作品の一角だと思います。

さて。
この作品のゴブリンも例にもれず単体ではさほど強くありませんが、徒党を組み、狡猾な罠を用いたりと、人間と同じく知性をもっているから脅威なのだと描写されています。
夜目が利くので、暗がりの洞窟などでは特に脅威。
昼間のゴブリンを数体追い払って得意げになった冒険者なんてのは格好の餌食なわけです。
そんなゴブリンの恐ろしさこそが、この作品の魅力になっています。

人を殺すは、女を犯すは、ゴブリンの残虐な描写が徹底的に描かれているからこそ、ゴブリンに復讐心を燃やす主人公の魅力も引き立つわけなんです。
そして、主人公は決して強くなく、単純に対ゴブリンの知識があるというだけなのが良い塩梅ですね。
ゴブリンと戦い続けたからこそ、ゴブリンの生態、その習性を誰よりも知っているというだけなので、他の登場人物が腐らない(ゴブリン以外にも敵はいますので)。
ロールがきっちりしていて、連携をとった戦略的なバトルが熱いです!

他にも特徴的なのは、この作品のキャラクターには“名前”がないことです。
「ゴブリンスレイヤー」や、「神官」など、役職が名前代わりになっています。
なのでロールが明確でわかりやすいですね。

・・・と、少し脱線しましたが。
モンスターの生態などを事細かく描き、登場人物たちの役割もしっかりとしていて、この作品には確かな世界観がありました・・・!
残虐な描写が多々ありますので、そこさえ問題なければ楽しめるかと思います。
むしろそういうのが好きな方にはぜひオススメです!

 

食事の喜び、感謝の気持ちを思い出せる優しい世界『異世界居酒屋「のぶ」』

異世界ものもグルメものも飽和状態の昨今。
異世界グルメといえばドラゴン肉であったり、ファンタジー世界ならではの未知の料理が食欲を誘うものですが、この作品はそういった異世界グルメものの常識に一石を投じる内容となっています。
端的にいうと、舞台は日本の居酒屋で、異世界の住人はお客様に過ぎないのです。
日本の居酒屋ですので、メニューも勝手知ったるごく普通の料理しかありません。

そんな本作の魅力は、お客様が異世界人ゆえに、我々の世界事情や料理について知識を持っていないことです。
唐揚げや枝豆をつまみながら、トリアエズナマ(ビール)をぐいぐいと呑む異世界の住人たち。
我々日本人からすれば馴染み深いありふれた料理であっても、異世界の彼らにとっては未知のものです。
「なんだこれ!? なんだこれ!? うまいぞ!」と好奇心全開で、純粋な気持ちでおいしそうに食べてくれるものですから、日本人として思わず誇らしくなってしまいますね(笑)

外国人が日本を観光して文化の違いを楽しむ系の番組って一定数の人気があると思うのですが、それに近い感じですねぇ。
我々日本人が忘れかけた、あるいは気づきもしないような細かな「日本の良さ」を発見してくれるから面白いんです。
あとはオーバーなリアクション(笑)

いざこざとか妙なシリアス要素もなく、ひたすらに優しい世界を堪能できるので老若男女とわずオススメです!
ビールと肴を用意して読み進めましょう!

 

バトル×グルメ×コメディ等々、あらゆるジャンルを昇華した傑作『ゴールデンカムイ』

舞台は明治時代末期の北海道。
幼なじみの病気の治療費を稼ぐため一攫千金を狙う元陸軍兵の杉元佐一と、親の仇を討ちたいアイヌの少女アシㇼパによる冒険活劇です。

“土方歳三が生き延びていたら”という日本史の改変、北海道やアイヌ文化への理解の深さが独特な世界観を生んでいます。
鬼気迫るクオリティの対人戦闘、命がけの狩猟、垂涎必至の料理、杉元のおかん力、アシㇼパさんの顔芸、etc・・・と、魅力を書き出したらキリがありません。
べた褒めになりますが、色んな要素を詰め込んでいるのにその全てが綺麗に合致している秀作なんです。
早くも第2期が10月よりアニメ化ということで、続きが気になっている方も多いと思います!
そんな方はぜひ、今のうちからコミックで予習ですよ!
先にマンガを読んでしまうと、アニメを見たときに声のイメージが合わないことがある・・・という意見もよく聞きますが、私は逆に原作を先に読んで「このキャラクターのCV誰なんだろう」とか予想するのが好きですねぇ。
もちろん、イメージと合う合わないは発生しますが、時間が解決してくれるので!
このシーンをアニメーションで見たいなーとか、そういう妄想をふくらませながらアニメの放送を待つのも乙なもの。
そして読み終わったら友達に布教(笑)

人や動物と戦う描写がありますので、血なまぐさいシーンが苦手な人はあれかもですが、ゴールデンカムイ間違いなく面白いのでぜひ読んでください!
ぜひコミックを!

 

まとめ

はい。

以上3作品が、個人的におすすめな秋アニメの原作コミックになります。
世間的にも評判の良い作品ですので、一部特定の描写が苦手だ!というのを除けば、まず間違いなく楽しめるかと。
他にもまだまだオススメできる作品はありますが、時間の都合上3作品ですらギリギリでした。
(営業時間も短くなったし多少はね?)

という感じで、今回はここまでです。
気になるタイトルがあったら、早めに読んでおくのが吉ですよ!
以上、コミック担当でした!サヨナラ!

The following two tabs change content below.
畑幸之真
ゼスト習志野店・コミック担当の畑です。
ガンダムと型月作品をこよなく愛しています!
ゲームに関してはミーハーで、気の向くままに手を出すミドルゲーマーでもあります。
お探しのコミックがありましたらお気軽にご相談ください!!
【ゼスト習志野店】
店舗住所:千葉県船橋市習志野台5-21-18
 国道296号沿い習志野自衛隊近く
電話番号:047-456-6420
営業時間:月~木 14:00~26:00
金~日 12:00~26:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ