title

初心者必見!電子タバコで失敗しないアトマイザーの選びかた

こんにちは!
ゼスト大和店VAPE担当です。
みなさんベイプ楽しんでますか?

突然ですが、皆さんが最初に手にしたVAPEはどんなタイプの物でしょうか。
ペンタイプのスターターですか?
それともアトマイザーが分離した本格的なMODでしょうか?
なかにはルックス重視で購入したので自分の使っているのがどんなタイプのものかイマイチわかんないやなんて方もいるのでは?
だんだんと使い方にも慣れてきて、お店やネットで気に入ったリキッドを購入したりなんかして、なんとなくVAPEの楽しみ方が分かってきたら、次に気になってくるのはミストの『量』や『味』じゃないでしょうか。

そこで今回はゼスト大和店がベイプ初心者の方たちに提案する、用途や嗜好にあったアトマイザー選びをご紹介いたします。

それとベイプ初心者の方に向けてのご提案ということで、クリアロマイザーを使われているということを前提に進めさせて頂きますね。
あと微妙に説明のニュアンスが間違っていたりしていたらゴメンナサイ。

 

目次

  • アトマイザーにはどんなタイプがあるの?
  • ミスト重視の爆煙系アトマイザーは「Atlantis EVO」や「Cleito」
  • 味わい重視のフレーバー系アトマイザーは「nautilus mini」や「nautilus2」
  • どっちもイケるぜバランス型アトマイザーは「Guardian Tank」や「i sub V」
  • 番外編!上級者になってきたら、コスパ良好&ミストも味もよく出る「RBAアトマイザー」にチャレンジ!
  • まとめ

 

アトマイザーにはどんなタイプがあるの?

ベイプユーザーの皆さんは、ベイプに期待するものって何ですかね?

ものすごいミストの量ですか?
それともリキッドの味をガッツリと味わうことですか?

タバコの代わりとしてベイプを始めた方は、メンソールの喉にガツンとくる感じを求めているなんて方も多いですよね。
アトマイザーもユーザーさんの色々な趣味嗜好に合わせていくつもの種類が世に出ています。

なので、そんなベイプユーザーさんに向けてアトマイザーは大まかに分けると、「ミスト量に特化した物」「味わいに特化した物」「ミスト量と味わいのバランスに特化した物」の3つのタイプに分かれてきます。

じゃあ、実際にはどのアトマイザーがどれなの?と思いますよね。
次章でタイプ別に分けて、現在、実店舗やネットで比較的手に入り易いモデルを例に、ご紹介していきます。

 

ミスト重視の爆煙系アトマイザーは「Atlantis EVO」や「Cleito」

まずは、「ミスト量に特化した」アトマイザーを2つご紹介します。

 

有名な爆煙アトマイザー「Atlantis EVO(アトランティス エヴォ)」

まずはこちらアスパイア社の「Atlantis EVO(アトランティス エヴォ)」です。
有名な爆煙アトマイザーで、味もわりかし出るので、当店のお客様からも好評です。

付属されているコイルは0.4Ωと0.5Ωの2種類で、カンタルワイヤーのクラプトンコイルを使用しています。
ちなみに旧バージョンのAtlantisのコイルも、Atlantis Evoに使用できます。

リキッド容量は2mlと4ml(extended kitのみ)です。

その他の特徴はエアフローは4箇所空いており、ドローは基本スッカスカですが調整は無段階調節が可能です。
(全閉は不可です)
構造がシンプルで漏れにくく、リキッドチャージはトップフィルなので楽です。

難点はリキッドの減りが尋常じゃないです。
まぁ爆煙系のアトマイザーなので仕方ないですね。。。

 

有名なクリアロマイザー「Cleito(クリ―ト)」

はい次。
こちらもアスパイア社の製品で「Cleito(クリ―ト)」です。
こちらも有名なクリアロマイザーです。

私もコレを普段愛用しているんですが、初めて吸った時は衝撃でしたね。
クリアロなのに爆煙で味が良いんですよ!
凄いなこれ、RBAいらないじゃん!って少し思いましたね。

付属のコイルは、0.4Ωと0.2Ωのカンタルワイヤーのクラプトンコイルで、別売りで0.27Ωのモノもあります。

リキッド容量は3.5mlでリキッドチャージはトップフィルです。
たまに漏れるっていう話も聞きますが、個人的には結構な期間使用していますがまだ漏れた事はありません。
エアフローにリキッドが残ってしまう吸い方だと漏れてくるのかもしれません。

難点はやはりリキッドの燃費が悪いのと、交換用のコイルが他の物と比べると高いです。
けどそれらを差っ引いてもホントオススメできます。
最近、後継機の「cleito EXO」が出ましたけど、個人的にはこちらの方が味が濃く感じられるので好きです。

 

その他の「爆煙系アトマイザー」

その他最近出たものでしたら、スモック社のTVFシリーズとかも爆煙アトマイザーとしては有名です。

 

味わい重視のフレーバー系アトマイザーは「nautilus mini」や「nautilus2」

それでは次に、リキッドの要でもある「フレーバーの味わいに特化した」アトマイザーを2つご紹介!

 

とっておきのリキッドを吸うなら!「nautilus mini(ノーチラス ミニ)」

言わずと知れたアスパイア社の「nautilus mini(ノーチラス ミニ)」です。
発売はかなり前からされており、有名なので今さら感は多少ありますが、後で紹介するnautilus2のことを踏まえオススメします。

付属のコイルは1.6Ωと1.8Ωで別に2.1Ωもあります。

リキッド容量は2.0mlでリキッドチャージはボトムフィルです。
あまりワッテージをかけずに10~15位でじんわりと味わうのに適したアトマイザーです。
さすがにミスト量は少ないです。

ドローはかなりタイトな感じで、エアフローを全開にしてもやっぱりタイトです。
ダイレクトラングで吸うというよりも口吸い、つまりマウストゥラングでタバコの用に楽しむのに適しています。

難点はリキッドチャージがボトムフィルなので若干めんどくさいです。
味の方はさすがのnautilus、美味いです。
特にプレミアムリキッドと言われているクラスのリキッドは風味がしっかりと感じられます。
とっておきのリキッドを吸う時にもってこいです。

 

nautilusの後継機「nautilus2」

そしてこれがnautilusの後継機「nautilus2」です。
最近出たアトマイザーなんですが、こちらも味わい重視のクリアロマイザーです。

デザインは前作からかなり変化しましたが、味わい重視という点では同じですね。
今ならこっちの方が実店舗で入手しやすいんじゃないかなと思います。

特徴は何と言ってもつるんとしたルックス。
ガラス部分が金属で覆われているので、割れるリスクが軽減されていますよね。

ドローは前作同様に重めで、口吸いに適した作りです。

付属のコイルは0.7Ωと1.8Ωです。
それとこちらはリキッドチャージはトップフィルです。
サブオーム領域のコイルが標準で付いてくるところやトップフィルといったところは時流に合っていますよね。

こちらは普段RBAをメインで使用しているユーザーさんでもサブ機に使用するなんて使い方もイイかと思います。

 

その他の「フレーバー系アトマイザー」

そのほかにオススメするとしたらアスパイア社のtriton(トリトン)シリーズ。
最近は見かけませんがスモック社のmicroGDC(マイクロ ジーディーシー)とかも優秀なクリアロマイザーだと思います。

 

どっちもイケるぜバランス型アトマイザーは「Guardian Tank」や「i sub V」

そして最後に、どっちも欲しいヨクバリさんのための「ミスト量と味わいのバランスに特化した」アトマイザーを2つご紹介します。

 

コイルを取り換えて両方楽しめる!「Guardian Tank(ガーディアン タンク)」

まずはコレ!
ヴェポレッソ社の「Guardian Tank(ガーディアン タンク)」です。

コレの良い所は、付属のコイルが0.5Ω&1.4Ωの2種類で、ドリップチップもダイレクトラング(DTL)用&マウストゥラング(MTL)用の2種類が付属している所なんです。
つまり0.5Ωの方で爆煙を楽しむのも良し!
1.4Ωで低ワットでジンワリとフレーバーを満喫するも良し!
の2つの選択肢があるんですね。
しかも0.5Ωのコイルでも割としっかりと味が出ているのもイイですよね。

難点はコイルが他のモノと比べやや高価なのと、トップフィルのリキッドチャージが通常のアトマイザーと若干異なるので慣れが必要なこと。
ただ、それを差し引いてもかなりオススメできます。

因みにコレも私が愛用しているアトマイザーの一つです。

 

シリーズモノの強みが発揮される「i sub V」

そして次は、イノキン社のi sub(アイサブ)シリーズの中でも「i sub V」をオススメします。
こちらも味・ミスト量ともに申し分なく、どちらも楽しむなら選んで間違いないクリアロマイザーです。

付属のコイルは0.5Ωですが、同メーカーのi subシリーズのコイルに互換があるので、非常に選択肢が多く便利です。
リキッド容量は3mlでリキッドチャージはトップフィルです。

こいつの良い所は、付属のコイルとは別にSSコイルやクラプトンコイルを使用すれば、コスパの良いクリアロや爆煙仕様のクリアロにも化けるのが面白いですね。
あとは見た目の存在感がスゴクありますので好みは分かれます。

因みに私はあまり形が好みでないです。(笑)

 

その他の「バランス型アトマイザー」

その他でしたらイーリーフ社のmelo3(メロスリー)とかカンガーテック社のpangu(パングー)がオススメ出来ます。
バランス型のアトマイザーだったら各社からいろんな種類のモノがでているので、迷ったら見た目のデザインだけで選ぶっていうのもありなんじゃないかと思います。

 

番外編!上級者になってきたら、コスパ良好&ミストも味もよく出る「RBAアトマイザー」にチャレンジ!

出来あいのコイルをつけるだけで手軽に味やミストを楽しめるクリアロマイザーですが、弱点もあります。

1つ目はコイルにかかるコストです。
どうしてもコットンとワイヤーが既にセットされているモノなので、モノによっては5個セットで3,000円を超える金額のものもあったりします。
(特に爆煙系のクリ―トやセラミックコイルのガーディアンタンクが若干割高に感じます。。。)

2つ目はリキッドの味の出方です。
これは、コットンに直接リキッドを含ませて発生させたミストを直で吸うのと、タンクアトマイザーでミストを吸うのでは、大きく味の感じ方に違いは出てきます。
もちろんミストを直で吸う方がリキッド本来の風味をダイレクトに感じることが出来ますし、特に数種類のフレーバーが複雑に混ざっているプレミアムリキッドを吸う時には明らかに違いがでてきます。

 

そこで、最後に番外編。

「RBA(ReBuildable Atomizer・リビルダブルアトマイザー)」とよばれるアトマイザーです。

ベイプを始めたばかりのユーザーの方たちは、聞いたことはあるけど正直よくわかんないなんて方が多いんではないでしょうか。
正直私も何ヶ月か前まではよくわかんないので近づかない様にしていました(笑)。

けどこれが意外と慣れれば簡単で、かかる費用も「ワイヤー代(800円位)」と「コットン代(ピンキリですが私は薬局で安いヤツを買ってます。たぶん一度買えば1年は持つ感じです)」くらいです。
あ、それと簡単な工具類が少々必要です。

もちろん正しい知識は必要なので、ショップのお兄さんに聞いたりネットで調べたりする必要はあります。

分かりにくいんですが、上の写真は使い続けて汚れが目立ってきたコイルとコットンです。
ホント汚いですね。

けどコットンを新しく入れ替え、コイルを空だきして汚れを飛ばせばまだまだ全然使えます。
コスパ最高!

 

まとめ

どうでしたか?
色々と説明不足な点があったかもしれませんが、ベイプの楽しさを少しでも伝えることが出来てたなら励みになります。

私は普段はクリアロマイザーとRBAアトマイザー、両方好きなので併用しています。
便利なのもイイですし、自分で色々いじり倒すのも楽しいんですよね。もし興味がある方はこちらの方も探ってみて下さい、面白いですよ。

 

ゼスト大和店には色々なタイプのクリアロマイザーがありますので、お客様の楽しみ方にあったものがきっと見つかると思います。
また、専用のリキッドも国産のものから海外のモノまで多数取り揃えていますので、見に来るだけでも面白いかもしれません。
あと、最近よくセールもやってます!
もちろんベイプに関するご質問やご要望があればどんどん声をかけてください。

お近くにお立ち寄りの際にはぜひゼスト大和店ベイプ売場へ!
それでは今日はこの辺で!

The following two tabs change content below.
ゼスト大和店

ゼスト大和店

ゼスト大和店は、神奈川県大和市の東名高速沿いで、TVゲーム・DVD・アニメ・フィギュアの新品・中古販売、買取をするアキバ系エンタメショップ!
県内最強!ゼストグループ全店の中でもディープな空間に随一の商品量です!
ゲーム・DVD・アニメ・ホビー・フィギュアやアニメCD・雑誌・雑貨・ジョークグッズ・成人向商品など遊べるモノをいろいろ取り揃える当店をお楽しみください!
【ゼスト大和店】
店舗住所:神奈川県大和市深見東3-5-2
電話番号:046-265-6820
営業時間:1階 12:00~26:00
2階ホビー館 15:00~25:00
sidebar

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ